LinuxでSoftCasは使用できるのか?
Pocket

なんとなくだけども、録画サーバの世界ではLinuxよりもWindowsの方が多数派な気がしている。

なんといっても、使用出来るツールの数が段違いなのだ。
その中で、B-CASカードをエミュレートし、カードを刺さなくても録画出来るようになるというSoftCas。これはC言語のソースで配布されているんだけど、2chの過去スレ(452等)を見るとLinux用のソースを作成した方がいるようで、makeに成功、使用できたという報告がちらほらある。

という訳で、ホントに出来るのかどうかを検証し、まとめてみることにした。

Sponsored Links

使用するのは、なんかその辺に転がってたマザボ、Core2QueadとPT2、CentOS6.4(64bit)である。カードリーダーは使用していない。ケースもピッタリサイズがなかったので、なんかケースの上に乗っけて、ショートしないように雑誌を挟んでるような状態。

今回のミッションはこの面子でお送りするぜ!

という訳で、上記オンボロ検証機にCentOSをインストールした。
yum update後、コンパイルを行うために以下のコマンドを実行。

yum install gcc gcc-c++
yum install pcsc-lite pcsc-lite-devel pcsc-lite-libs

次に、SoftCasをダウンロードし、サーバに設置。unzipで解凍する。

で、unzipで解凍したフォルダに、以下URLのソースを設置する。

winscard.cpp(Linux版のwinscard.cpp)
Makefile

既存のwincard.cppを上記ファイルに置き換え、Makefileを設置。
lsコマンドで見ると、フォルダは以下のような状態になっている。

で、makeコマンド実行。

無事、実行された。再度lsコマンドを実行すると

libpcsclite.so.1.0.0というファイルが作成されていることを確認した。
で、このファイルを「/usr/lib64」内のファイルと置き換える。

さて、以上で検証を行うための準備その1が終わった。
この後、recpt1を実行出来るように設定を進める。
なお、設定はここの内容を参考にして進めさせてもらった。

上記設定で録画が出来るかどうかを確認する。
確認方法は、recpt1コマンドで実行したファイルが再生出来るかどうかとする。

recpt1 –strip –b25 27 10 test.ts

上記コマンドを実行した結果が以下。

test.tsというファイルが作成されていることを確認出来る。
で、これが再生できたかという点だけど…

再生できました
すごいねこれ。B-CASカードも、カードリーダーも不要のため、サーバ内部での置き場所も考えなくていいし。

今回はCentOSで検証をしたけど、基本は変わらないのでUbuntuでも同様に対処できるんではなかろうか。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 9 comments

  1. 佐長真 Reply

    Ubuntuの環境をお持ちなら検証してみていただけませんか?家は13.04 64bitで長く使っているPT1&DVBで録画や視聴は出来ています。主にはデュアルブートのWindows7 64bitで使っています。スキルが無いので可能でしたら宜しくお願いします。

  2. Anonymous Reply

    Ubuntuの環境をお持ちなら検証してみていただけませんか?家はUbuntu13.04 64bit PT1&DVBで視聴録画は出来ています。Blacknonの検証用の機材と同じくCore2Queadで長年使っています。主にはデュアルブートのWindows7 64bitで録画しています。何分スキル不足の為宜しくお願いします。

    • Blacknon Reply

      コメントありがとうございます。
      試してはみたのですが、どうもうまく動きませんでした。
      プログラムのmake自体は行われるのですが、ライブラリを同名のファイルと置き換えても復号化しなかった…

      ただ、私が検証をした際は置き換え前のファイルをリネームしているので、単純な上書き保存であれば成功したかもしれません(Linuxのライブラリですが、リネームだと参照しているシンボリックリンクがわざわざ追いかけてしまう)。

    • Anonymous Reply

      返信ありがとうございます。
      コメントがなかなか反映されないので焦ってマルチになってしまいました。
      おまけにUbuntuで既に検証されていることに後で気が付きました。
      すみません!お恥ずかしい!

      Blacknon様の方法でビルド出来たのですが上手く動きませんでした。
      リンクは新しいlibpcsclite.so.1.0.0にされているように見えましたが
      うちの環境だとDVB自体も動かなくなってしまいました。
      またなにか新しい結果出ましたら教えてください。

  3. kiki Reply

    こんにちは。現在、macのbootcampでsoftcasを使って挑戦しているのですがこれは可能なのでしょうか?全然できません。。。

  4. 通りすがりの名無しさん Reply

    http://satch.tv/
    BLACKCASカードへの対策は、出来ないように思いますが、どうなんでしょうか。何となく、Windows7のBIOS MODと同じで対策出来なさそうではあります。サテラ1の方は新型が発売され徐々にではありますが、ハッカーチームによる改造ファームの機能も充実してきている感じではあります。どちらも誤った使い方をしないように気を付けたいですね。

  5. momomo Reply

    こちらの記事を参考にCentOS6.6(64bit)で、PT3で環境構築させて頂いてます。
    リアルタイム視聴や録画は出来たのですが、一部視聴も録画も出来ないチャンネルがあり、参っております。

    この症状をご存知でしたらご助力頂けませんでしょうか。

    環境はサーバはHP ProLiant MicroServer、OSはCentOS6.6(64bit)、チューナーはPT3、ツール類はrecpt1_stz、epgrecを使っていますが、TOKYO MXと千葉テレビがなぜか視聴も録画も出来ない状態です。

    視聴および録画が出来るチャンネルは視聴する際に「channel is 21 C/N = 30.202676dB Broadcasting…」などというメッセージが出るのですが、例えばTOKYO MXの場合は「channel is 16 Cannot tune to the specified channel Tuner cannot start recording」と出て視聴出来ません。

    以前はチューナーとしてPS3のトルネを使用していたのですが、その際はTOKYO MXも千葉テレビも問題なく受信出来ておりました。

    どんなに調べても答えに近そうな記事が出てこなかったため、恥を忍んでお聞きしている次第です。
    申し訳ありませんが何かご存知でしたらご助力頂けませんでしょうか。

    何卒宜しくお願い致します。

    • 匿名 Reply

      似たような環境(PT3 + CentOS 6.6)で構築しております。
      フロントにChinachuを使っていまして、TOKYO MXは録画できています。
      千葉TVは地域が違うので、写りませんが。
      関係があるかどうかわかりませんが、特定のTV局の信号レベルが低いのではないでしょうか?

  6. momomo Reply

    すみません、自己解決致しました。
    jcomに加入していると、物理チャンネルが変更?されているようで、それらのチャンネルに合わせるようにしたら視聴および録画が出来ました。

    お騒がせ致しました…m(_ _)m

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。