vCenter Server 5.5のインストールに失敗する
Pocket

先日、VMware ESXi 5.5を管理させるためにvCenter Server 5.5(vCenterやvSphere Clientは、ESXiと同じかそれ以上のバージョンでないとならないため)をインストールしたんだけど、インストール中にVMware Web Clientがインストール出来ない事象が発生した。

vCenter Single Sign On に接続できませんでした。Lookup Service URL がインストールしたvCenter Single Sign On インスタンスを正しく示している事を確認して下さい。vCenter Single Sign On をIPアドレス付きでインストールした場合は、そのIPアドレスがURL内で指定されていることを確認してください。

…何これ???

Sponsored Links

で、その後OKをクリックしていくと…

フィールドを空白のままに残しておけません

エラー29101。vCenter Single Sign On に接続できませんでした。Lookup Service URL がインストールしたvCenter Single Sign On インスタンスを正しく示していることを確認してください。vCenter Single Sign On をIPアドレス付きでインストールした場合は、そのIPアドレスがURL内で指定されていることを確認してください。

…何だこれ????

今回の場合、シンプルインストールから行っていた事を踏まえ、カスタムインストールでWeb Clientをインストールしたが同様のエラーが表示される。果たして原因は…??

Installation of VMware vSphere Web Client 5.5 fails with the error: Could not connect to vCenter Single Sign-On (2062921)

http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2062921

どうやら、複数のNICで固定IPアドレスをふっていて、なおかつ各NICの所属しているサブネットが違う場合に発生する『vCenter Server 5.5固有の問題』のようだ。どうも、SSOにアクセスするためのURL(「ローカルエリア接続」の中でも名前が若番の方?)にアクセスしようとする際に、インターネットアダプタの中で優先順位の高いアダプタが選択されるようだ。

解決策としては、SSOで振られるアダプタの優先順位を高くして上げれば良いということになる。

「コントロールパネル」⇛「ネットワークとインターネット」「ネットワーク接続」を開いていき、Altキーを押下して上部メニューを表示させる。

で、上部メニューの「詳細設定」「詳細設定」から優先順位を設定してく。

…これ、改悪じゃないの?

こんなところ、普段あまり意識しないよ?複数NICがある場合、普通にインストールするとローカルエリア接続の番号が大きいほど優先順位が高くなるのに…

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 1 comments

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。