Proxmox VE 3.1の仮想マシンでUSB無線LANを試してみた

以前、VMware ESXiでゲストOSがUSB無線LANアダプタを使用出来るかどうかをテストした事があるが、そのProxmox版。

実現するためにはUSBパススルーをする必要があるので、その手順も併せて記述していく。
こちらのページで確認すると、やはりPCIパススルーと同様にWEBからではなく、sshで直接設定ファイルを書き換える必要があるようだ。

Sponsored Links

まずは、USBポートの番号を調べるために以下のコマンドを実行する。

  lsusb

今回の場合、「Bus 001 Device 003: ID 0bda:817f Realtek Semiconductor Corp. RTL8188RU 802.11n WLAN Adapter」となっているものが無線LANアダプタとなる。

以下のコマンドを入力し、無線LANアダプタを仮想マシンID「100」に追加する。

  echo usb1: host=0bda:817f >> /etc/pve/nodes/proxmox/qemu-server/100.conf

この状態で仮想マシンを起動。
USBアダプタを認識しているか確認する。
デバイスドライバをインストールした後がこちら
これで、Proxmoxでの仮想マシンへのUSBパススルー設定手順及び無線LAN設定ができることが確認できた。

Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*