Pocket

先日購入して静音ファンに交換した『Dell PowerConnect 5324』の初期設定を行ってみた。

といってもそんなに難しい事はしていないんだけど。

USBでコンソール接続

どのスイッチでも同じだと思うけど、初期状態ではsshでもtelnetでも接続が出来ないのでコンソールで接続する必要がある。接続にはRS-232Cで接続を行うんだけど、スイッチ側のポートはオスの事が多い。

そのため、通常のUSB⇔シリアルコンソールとRS-232Cケーブルを組み合わせて接続する必要がある。

接続に使用したケーブルはこちら。

iBUFFALO USBシリアルケーブル(USBtypeA to D-sub9ピン)0.5m ブラックスケルトン BSUSRC0605BS

SANWA SUPPLY KR-LK2 RS232Cケーブル(インターリンク 9pin-9pin) 2m

この2つのケーブルを組み合わせ、USB側は作業PC、RS232C側はスイッチに挿せばいい。

Sponsored Links

 

Teratermからシリアル接続

Teratermを起動して、シリアルを選択して「OK」をクリック。
この辺については、このページが詳しいので割愛。
レートは9600で接続する。

以降は、コンソール接続がされた前提で進めていく。

 

PowerConnect 5324初期設定

初期設定を進めていく。
まずは、以下のコマンドでIPアドレスを設定する。

次に、管理を簡単にするためにsshおよびhttp接続を有効化する。

ユーザ名、パスワードを設定する。

時刻設定を行う。

時刻同期の確認は以下のコマンドで行える。

show sntp configuration

以上で初期設定が終わったものとして、保存を行う。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。