Proxmox VE 3.1で地味に便利なシェルを試してみた
Pocket

Proxmox VE 3.1を使用中に、ノード自体のシェルをブラウザ経由で操作できることがわかったので試してみた。

まず、左メニューから操作したいノードを選択し、右上の「シェル」をクリックする。

仮想マシンコンソールと同じく、Javaによる実行となるためセキュリティ上の注意をされる。

Sponsored Links

Proxmoxノード本体のコンソールが表示される。
クライアントPCがWindowsで、Teratermなどのシェルクライアントがインストールされていなくても、Javaさえ入っていれば操作可能になる。

…まぁ、Teraterm入れ忘れてJavaだけ入っているとか、あまりない状況な気もするけど。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。