Ubuntu搭載ノートのやっておくべき設定 ~クライアントソフトウェア編・Evernoteクライアント「Nixnote」インストール~
Pocket

クライアント用PCにインストールするソフトは多いと思うけど、その中の一つであろうEvernoteの公式クライアントソフトウェアは存在しない。

そのため、非公式ではあるが対応しているソフトウェアをインストールすることで対応する事にする。

Ubuntu用のEvernoteクライアントはいくつかあるけど、その中でもメジャーである「Nixnote」をインストールすることにする。

インストールの手順は簡単。
以下のコマンドを順番に実行していけばいいだけだ。

 sudo add-apt-repository ppa:vincent-c/nevernote
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install nixnote

Sponsored Links

まずはTerminalを開き、最初のコマンドを実行する。

 sudo add-apt-repository ppa:vincent-c/nevernote

このコマンドは、パッケージ管理対象リストに「ppa:vincent-c/nevernote」という一文を加えてパッケージ管理コマンドでそれに関連するプログラムを管理出来るようにするもの。

途中でEnterを押下するように言われるので、その通りに行う。

このコマンドを実行して、NixNoteをパッケージ管理コマンドからインストール出来るようにする。

次に、2つ目のコマンドを実行する。

 sudo apt-get update

これは、最初に実行したコマンドのパッケージ管理リストへ追加したパッケージの情報等を取得させるコマンド。
これを実行しないと、Nixnoteのインストールコマンドは失敗する。

最後に、3つ目のコマンドを実行することでインストールが完了する。

 sudo apt-get install nixnote

これはもうそのまま。
Nixnoteをパッケージ管理コマンドでインストールしている。

以上でインストールは完了。
実行する場合は、Dashを開いて実行させるか、Cairo-Dockのアプリケーションから該当のプログラムを選択すればいい。

このままCairo-Dockにドラッグすれば、ランチャとして登録も可能。

で、NixNoteを開いたのがこちら。

上の画面の箇所からEvernoteのアカウント情報を設定してあげるといい。

以上、UbuntuでのEvernoteクライアントの設定方法でした。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 2 comments

  1. ysato Reply

    proxy があるので

    export http_proxy=”http://proxy.xxxx:8080″
    export https_proxy=”https://proxy.xxxx:8080″

    sudo -E add-apt-repository ppa:vincent-c/nevernote
    sudo -E apt-get update
    sudo -E apt-get install nixnote

    でインストールできたように思います。

    設定-> proxy の設定は行いました。

    立ち上げて、ツール -> アカウント情報で すでに持っているユーザー名、パスワードに入力ができません。

    これを解決する方法を教えてください。

  2. ysato Reply

    Ubuntu 14.04 に NixNote をインストールしてみましたが、起動しても Evernote のログイン画面が開きません。
    Ubuntu 日本語フォーラムに投稿記事があります。
    https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=17200

    解決法が分かりましたらお知らせいただければ幸いです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。