USBメモリにProxmox VE 3.1 をインストールしてみた
Pocket

先日、HPのMicroServer(×2)を購入したので、試しにProxmox VE 3.1をインストールしてみた。

とはいえ、ただインストールするのだと面白く無い。そういえば、このMicroServerはマザーボードにUSBポートを搭載していたな…

ということで、USBメモリをインストール先にProxmox VE 3.1をインストールしてみることにした。

使用するUSBメモリは、以下のものを選定。
サーバ内部に内蔵しやすいよう、省スペースだったためだ。

ELECOM USBメモリ スマートフォン タブレット対応 Microアダプタ付 16GB MF-SAU216GBK

なお、USBメモリは新品のものを使用している。

早速、インストール開始。

インストール実行

インストール先として、USBメモリを選択している。

その後、順調にインストールを行っていったが…

 Unable to install the boot loader

…ファッ!?

何これ??

Sponsored Links

原因

その後、いろいろ調べたところ、どうやらインストール先が「/dev/sda」以外(sdbとかsdcとか…)だと、このような事象が発生するらしいことが分かった。

proxmoxをUSBメモリから起動させる2 – コンテンツ・プランナーブログ

http://blog.contents-p.com/archives/110.html

一旦、対象となるUSBメモリ以外のストレージ機器を全てはずして再度インストール開始。

再インストール

USBメモリ以外のストレージ機器が無い状態で再度インストール。

そのままインストールを進めていき…

無事にインストールできた。
後は再起動を行うだけ。

なお、再起動時に以下のようなエラーメッセージが表示された。

 ALERT! /dev/mapper/pve-root does not exist. Dropping to a shell!!

この時は、以下のコマンドを実行することで起動ができる。

 vgchange -a y
 mount -t ext4 /dev/pve/root /root

上記コマンドで、一時的にブートすることが出来る。
恒久的に起動させる場合は、Grubの設定ファイル「/etc/default/grub」を編集する必要がある。

●編集前

# If you change this file, run 'update-grub' afterwards to update
# /boot/grub/grub.cfg.
# For full documentation of the options in this file, see:
#   info -f grub -n 'Simple configuration'

GRUB_DEFAULT=0
GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DISTRIBUTOR="Proxmox Virtual Environment"
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet"
GRUB_CMDLINE_LINUX=""

# Uncomment to enable BadRAM filtering, modify to suit your needs
# This works with Linux (no patch required) and with any kernel that obtains
# the memory map information from GRUB (GNU Mach, kernel of FreeBSD ...)
#GRUB_BADRAM="0x01234567,0xfefefefe,0x89abcdef,0xefefefef"

# Uncomment to disable graphical terminal (grub-pc only)
#GRUB_TERMINAL=console

# The resolution used on graphical terminal
# note that you can use only modes which your graphic card supports via VBE
# you can see them in real GRUB with the command `vbeinfo'
#GRUB_GFXMODE=640x480

# Uncomment if you don't want GRUB to pass "root=UUID=xxx" parameter to Linux
#GRUB_DISABLE_LINUX_UUID=true

# Uncomment to disable generation of recovery mode menu entries
#GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"

# Uncomment to get a beep at grub start
#GRUB_INIT_TUNE="480 440 1"

 

●編集後

# If you change this file, run 'update-grub' afterwards to update
# /boot/grub/grub.cfg.
# For full documentation of the options in this file, see:
#   info -f grub -n 'Simple configuration'

GRUB_DEFAULT=0
GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DISTRIBUTOR="Proxmox Virtual Environment"
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="rootdelay=90 quiet"
GRUB_CMDLINE_LINUX=""

# Uncomment to enable BadRAM filtering, modify to suit your needs
# This works with Linux (no patch required) and with any kernel that obtains
# the memory map information from GRUB (GNU Mach, kernel of FreeBSD ...)
#GRUB_BADRAM="0x01234567,0xfefefefe,0x89abcdef,0xefefefef"

# Uncomment to disable graphical terminal (grub-pc only)
#GRUB_TERMINAL=console

# The resolution used on graphical terminal
# note that you can use only modes which your graphic card supports via VBE
# you can see them in real GRUB with the command `vbeinfo'
#GRUB_GFXMODE=640x480

# Uncomment if you don't want GRUB to pass "root=UUID=xxx" parameter to Linux
#GRUB_DISABLE_LINUX_UUID=true

# Uncomment to disable generation of recovery mode menu entries
#GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"

# Uncomment to get a beep at grub start
#GRUB_INIT_TUNE="480 440 1"

 

編集箇所は9行目。「GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=” quiet”」を「GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”rootdelay=90 quiet”」としている。

上記内容に修正後、変更を反映させるためGrubのアップデートを行う。

 update-grub2

念のため、普通のGrubも。

 update-grub

以上が、ProxmoxのUSBへのインストール手順になる。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。