Pocket

前回、Clonezilla Live 1.x.x(2.x.x以降の方法はまた別)を用いての自動リストアディスクの作成方法を記述したので、今回は自動バックアップディスクの作成を行う。

といっても、基本的にはリストアディスクの作成とかわらない。起動時に実行されるスクリプト「mystartup」を作成して、「isolinux.cfg」を編集したディスクを作成する。

リストアディスクとの違いは、「mystartup」の中身だけだ。今回は、「ocs-sr」コマンドの内容をバックアップ用に書き換える必要がある。

バックアップ用の「mystartup」

という訳で、バックアップ用の「mystartup」の中身を記述する。

Sponsored Links

mystartup

#!/bin/bash
# Author: Steven Shiau <steven _at_ nchc org tw>
# License: GPL
#
# In this example, it will allow your user to use clonezilla live to choose 
# (1) A samba server as clonezilla home image where images exist.
# (2) Choose an image to restore to disk.
 
# When this script is ready, you can run
# /opt/drbl/sbin/ocs-iso -g en_US.UTF-8 -k NONE -s -m ./custom-ocs-1
# to create the iso file for CD/DVD. or
# /opt/drbl/sbin/ocs-live-dev -g en_US.UTF-8 -k NONE -s -c -m ./custom-ocs-1
# to create the zip file for USB flash drive.
 
# Begin of the scripts:
# Load DRBL setting and functions
DRBL_SCRIPT_PATH="${DRBL_SCRIPT_PATH:-/opt/drbl/}"
 
. $DRBL_SCRIPT_PATH/sbin/drbl-conf-functions
. $DRBL_SCRIPT_PATH/conf/drbl-ocs.conf
. $DRBL_SCRIPT_PATH/sbin/ocs-functions
 
# load the setting for clonezilla live.
[ -e /etc/ocs/ocs-live.conf ] && . /etc/ocs/ocs-live.conf
# Load language files. For English, use "en_US.UTF-8". For Traditional Chinese, use "zh_TW.UTF-8"
ask_and_load_lang_set en_US.UTF-8
 
# The above is almost necessary, it is recommended to include them in your own custom-ocs.
# From here, you can write your own scripts.
 
# 1. Configure network
 
# dhclient
sudo dhclient eth0
 
# 2. Mount the clonezilla image home. Available types:
# local_dev, ssh_server, samba_server, nfs_server
 
# prep-ocsroot -t samba_server
sudo mount -t cifs -o user="ユーザ名",password="パスワード" "//マウントするフォルダ" /home/partimag
 
src_disk=sda
_now=$(date +"%Y-%m-%d_%H-%M-%S")  
_filename="/img_$_now" 
 
sudo /opt/drbl/sbin/ocs-sr -q2 -b -j2 -z1p -i 2000 -p true savedisk "$_filename" "$src_disk"
 
# 3. Restore the image
#if mountpoint $ocsroot &>/dev/null; then
#  ocs-sr -g auto -e1 auto -e2 -c -r -j2 -p choose restoredisk "ask_user" "ask_user"
#else
#  [ "$BOOTUP" = "color" ] && $SETCOLOR_FAILURE
#  echo "Fail to find the Clonezilla image home $ocsroot!"
#  echo "Program terminated!"
#  [ "$BOOTUP" = "color" ] && $SETCOLOR_NORMAL
#fi
 
#
#umount $ocsroot &>/dev/null

…まぁ、今回も案の定、サンプルファイルのソースを残してある。
ちょっと汚くて読みづらい…

気をつけるポイントもリカバリディスクと同一。
ディスクの作成方法も同様なので、そちらを参照してもらえれば良いかと。

以上、sambaへの自動バックアップディスクの作成方法。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。