サーバ大量構築時のキモ ~Clonezilla SE (Server Edition) による大量リストア~
Pocket

Clonezillaについては前回自動リストアディスクの作成自動バックアップディスクの作成を行ったが、今回はちょっと違うものを。

今回試してみるのは、『Clonezilla Server Edition』というもの。果たしてどんな事が出来るのか。まずは以下の図を参照。

 

 

図のように、Clonezilla Liveに比べ大量リストアに向いている。

仕組みとしては、クローン元・クローン先ともにPXE ブートを用いてディスクイメージをバックアップ・リストアしている。

で、Clonezilla Liveを知っている人だと違和感があるかもしれないが、このClonezilla ServerはLinux OSにインストールするパッケージ「DRBL」というものに含まれている一機能として提供されている。

さて、このDRBL(Clonezilla Server Edition)、こちらのページを参照する限り以下のOSに対応しているようだ。

・Debian Squeeze (6), Wheezy (7).
・Ubuntu Precise (12.04), Quantal (12.10), Raring (13.04), Saucy (13.10).
・Fedora 14, 17,
・CentOS 5, 6,
・Scientific Linux 5.x, 6.x, RHEL 5.x, 6.x (Use drblsrv-offline)
・OpenSuSE 11.2, 11.3.

※2014年04月持点
今回は、作業用端末上で稼働させやすい事を考え、CentOS 6を採用する。
また、あくまでも業務等での構築をイメージし、インストール直後のものを使用する。

 

1.DRBL(Clonezilla Server Edition)インストール

さて、それではCentOS 6にインストールしていく。
作業を行うにあたって、以下のページを参考にした。

Clonezilla/Server Edition

http://baalzephon.no-ip.org/tech/index.php?Clonezilla%2FServer%20Edition

DRBL installation – SourceForge

http://drbl.sourceforge.net/installation/

Clonezilla Server Editionでマルチキャストリストア環境を作る

http://www.k-life.in/blog/?p=173

さて、まずは以下のコマンドを実行しDRBLのインストールを行う。

yum install perl-Digest-SHA1 lftp
cd /usr/local/src/
wget http://sourceforge.net/projects/drbl/files/drbl_stable/2.6.15/drbl-2.6.15-drbl1.noarch.rpm
rpm -Uvh ./drbl-2.6.15-drbl1.noarch.rpm

これでDRBLのインストールができた。次は設定を行う。

Sponsored Links

drblsrv -i

[root@test-centos src]# drblsrv -i
*****************************************************.
ヒント!!yes/no オプションが利用出来る時、デフォルトの値は大文字の方です。例:(y/N)、デフォルトは「N」、[Enter]を押した時、「N」を使用します。どれを選択すればよいのかよく分からない場合、ただ[Enter]キーを押して下さい。
*****************************************************.
*****************************************************.
RedHat/Fedora Linux に DRBL インストール中…
あなたの OS 用のバージョン番号: CO6.5
*****************************************************.
dnsdomainname: 不明なホスト
プロキシサーバを設定しますか?
[y/N] N

Nを入力しEnterキー。

*****************************************************.
Use the CO6.5 repository settings in /etc/yum.repos.d/.
Seting the DRBL yum repository in /etc/yum.repos.d/... done!
*****************************************************.
よりパワフルですが、バグがあるかも知れない DRBL「不安定(unstable)」パッケージを使用しますか?(あなたが超勇敢なら!!!) (DRBL RPM パッケージを unstable ディレクトリからダウンロードした場合、「yes」を回答してください)
[y/N] N
よりパワフルですが、バグがあるかも知れない DRBL「テスト(testing)」パッケージを使用しますか?(あなたが十分勇敢なら!!!) (DRBL RPM パッケージを testing ディレクトリからダウンロードした場合、「yes」を回答してください)
[y/N] N

どちらもNを入力しEnterキー。

*****************************************************.
Try to find yum repository url...
*****************************************************.
Use yum repository in Invalid/release
*****************************************************.
ネットワーク経由で幾つかの GNU/Linux ディストリビューション(Debian, Ubuntu, RedHat Linux, Fedora Core, Mandriva, CentOS, OpenSuSE...)をクライアントにインストール可能なネットワークインストール起動イメージをインストールしますか?  【注意】このアクションは大量のファイル(合計 100MB 以上)をインターネットからダウンロードし、おそらく数分かかります。あなたのクライアントマシンにハードディスクがあり、そのマシンに GNU/Linux をインストールしても構わないのであれば、Y を回答して下さい。「no」を回答した場合、これらを後でインストールする drbl-netinstall を実行できます。
[y/N] Y

通常はNでいいが、今回はYを入力してEnterキー。

*****************************************************.
This GNU/Linux distribution uses one kernel to support SMP and non-SMP arch.
*****************************************************.
クライアント用にシリアルコンソール出力を使用しますか?
これについて何も知らなければ、「N」を回答して下さい。さもなければクライアントは画面に何も出力しません!
[y/N] N
The CPU arch option for your clients: 2
あなたのシステム用の最適化はサーバと同じレベルです。
*****************************************************.

Nを入力しEnterキー。

*****************************************************.
This GNU/Linux distribution uses one kernel to support SMP and non-SMP arch.
*****************************************************.
クライアント用にシリアルコンソール出力を使用しますか?
これについて何も知らなければ、「N」を回答して下さい。さもなければクライアントは画面に何も出力しません!
[y/N] N
The CPU arch option for your clients: 2
あなたのシステム用の最適化はサーバと同じレベルです。
*****************************************************.

Nを入力しEnterキー。

*****************************************************.
オペレーティングシステムをアップグレードしますか?
[y/N] N

Nを入力しEnterキー。

これでインストールが完了した。

といっても、これで終了というわけではない。
初期設定を行うため、以下のコマンドを実行する。

drblpush -i

******************************************************
ヒント! yes/no オプションが利用できる際、デフォルト値が大文字になります。例えば、(y/N) はデフォルトが N で、Enter を押した際、N が使用されます。どちらを選ぶべきかよく分からない場合、ただ Enter キーを押して下さい。
******************************************************
DRBL サーバ用にインストールされたパッケージを検索中…しばらくかかります…
DRBL サーバ用にインストールされたパッケージの検索を終了します。
******************************************************
------------------------------------------------------
対話モードは DRBL 環境の情報を提供します。
------------------------------------------------------
dnsdomainname: 不明なホスト
------------------------------------------------------
(drbl.sf.net のような)DBS ドメインを入力して下さい:
[drbl.org] drbl.local
DOMAIN 設定: drbl.local

Clonezilla Serverで使用するローカルのドメインを指定する。
今回は「drbl.local」というものを使用する。

NIS/YP ドメイン名を入力して下さい:
[penguinzilla]
DOMAIN 設定: penguinzilla

NIS/YP ドメインとやらを指定する。
とりあえずデフォルトのままEnterキー。

クライアントホスト名の前半を入力して下さい:
この前半は自動的にクライアントのホスト名を作成するのに使用されます。一部または全ての自動生成されたホスト名を上書きしたい場合、Ctrl-C を押してこのプログラムを終了し、/etc/drbl/client-ip-hostname を編集し、このプログラムを再度実行して下さい。
[test-centos-] test
クライアントホスト名の前半を設定: test

Clonezillaのクライアントで使用されるホスト名の前半部分を指定する。
ここでは「test」を指定しておく。

eth0: IP address 192.168.0.240, netmask 255.255.255.0
システムで設定されたイーサネットカードが見つかりました: eth0
------------------------------------------------------
このサーバのパブリック IP アドレスが見つかりません。
このサーバのどのイーサネットポートを DRBL 接続用ではなくパブリックインターネットアクセス用にしますか?
このサーバで利用可能なイーサネットポート::
eth0 (192.168.0.240),
[eth0]
WAN 接続用に選択したイーサネットポート: eth0
【警告】このマシンで設定済みのネットワークカードが1枚だけ見つかりました、この状態は推薦されません。このDRBLサーバはDHCPサービスを提供するので、ネットワークカードが1枚だけならば、あなたのネットワーク環境が混乱するかもしれません。特に、既存のDHCPサービスがこのネットワークカードに設定されていました。この問題を回避する為に、このサーバに少なくとも2枚のネットワークカードを使用することをお勧めします。
本当に続けてもよろしいですか?
[y/N] y

Clonezilla Serverで使用できるNICの指定をする。
今回はeth0しか無いので、そのまま「y」を入力する。

クライアントの MAC アドレスを収集します!
クライアント起動時毎に、DRBL サーバの DHCP サービスが同じ IP アドレスを振るように させたく、この処理を全く行っていない場合、これを実行すべきです!
クライアントのこれらの MAC アドレスが既にある場合、異なるグループファイルの中にこれらを置く事が出来ます(これらのファイル番号は DRBL サービス用のネットワークカードと同じ番号です)。この場合、このステップを省略できます。
このステップはクライアントの MAC アドレスの記録を助け、これらを異なるグループに分割します。これは時間を節約し、タイプミスを減らします。
クライアントの起動に従って、毎回毎回 MAC アドレスが記録され、
サーバのネットワークカードに従って異なるファイルの中に置きます。ファイル名は macadr-eth1.txt、macadr-eth2.txt のようになります…これらのファイルは /etc/drbl にあります。
順にクライアントを起動し、etherboot または PXE から起動する事を確認して下さい!
これらを収集しますか?
[y/N]
******************************************************
OK! 続けましょう…

クライアントのMACアドレス取得を行うかどうか聞いてくる。
今回はそのままEnter(Nを選択)。

Hostmin: 192.168.0.1
クライアント起動時毎に、DRBL サーバの DHCP サービスが同じ IP アドレスを振るように させたい(この機能を希望する場合、(前処理として)クライアントの MAC アドレスを収集し、これらをファイルに保存しなければなりません)ですか?これは DRBL サーバのイーサネットネットワークインターフェースに接続されたクライアント用です。 eth0 ?
[y/N]
******************************************************
OK! 続けて、固定 IP アドレスの代わりに"最初の起動が最初に IP を取得"でクライアントの IP アドレスを設定します!
******************************************************
このイーサネットポートに接続されたDRBL クライアント用の IP アドレスの末尾の数字の開始番号(つまり、IP アドレス a.b.c.d の d の最初の数字)を入力して下さい。 eth0.
[1] 245
******************************************************
DRBL サーバのイーサネットインターフェースに接続された DRBL クライアント(学生用 PC)は何台ですか eth0 ?
数字を入力して下さい:
[1] 6
******************************************************
DRBL サーバのイーサネットインターフェースに接続されたクライアント用の IP アドレスを設定します。 eth0 as: 192.168.0.245 - 192.168.0.250
了解 ? [Y/n]

DHCPでクライアントに払い出されるIPアドレスの範囲を指定する。

******************************************************
OK! 続けましょう…
******************************************************
DRBL 環境のレイアウト:
******************************************************
          NIC    NIC IP                    Clients
+-----------------------------+
|         DRBL SERVER         |
|                             |
|    +-- [eth0] 192.168.0.240 +- to WAN
|                             |
|    +-- [eth0] 192.168.0.240 +- to clients group 0 [ 6 clients, their IP
|                             |            from 192.168.0.245 - 192.168.0.250]
+-----------------------------+
******************************************************
Total clients: 6
******************************************************
Enter キーを押して継続してください…
******************************************************
------------------------------------------------------
このシステムでは、ディスクレス Linux サービス用に3つのモードがあります:
[0]完全 DRBL モード。各クライアントは専用の NFS ベースの /etc、/var があります。
[1]DRBL SSI(単一システムイメージ)モード。各クライアントは tmpfs ベースの /etc、/var を使用します。このモードでは、サーバの負荷と必要なディスク空間はより少なくなります。注意! (a)クライアントマシンのメモリは少なくても 256MB 以上をお薦めします。(b)クライアントの設定ファイルは DRBL サーバに保存されません!これらは一度だけ使用され、マシン停止後に失われます。その上、(/tftpboot/nodes にある)テンプレートクライアントの任意のファイルを修正する場合、gen_ssi_files を実行して /tftpboot/node_root/drbl_ssi/ 中のテンプレート tar ボールを作成しなければなりません。(c)クライアント起動時、テンプレート tar ボール中の設定ファイルを上書きする為にいくつかのファイルを提供する場合、詳細は /tftpboot/node_root/drbl_ssi/clients/00_README をチェックして下さい。
[2]クライアントにディスクレス Linux サービスを提供しません。
どのモードにしますか?
[0] 2
システムにクライアント用ディスクレス Linux がありません。
******************************************************

Clonezilla Serverの挙動は「2」を指定する。

------------------------------------------------------
このシステムでは、Clonezilla 用の4つのモードを選択できます:
[0] 完全 Clonezilla モード:全クライアントには NFS ベースの個別 /etc, /var があります。
[1] Clonezilla ボックスモード:全クライアントは tmpfs ベースの /etc, /var があります。このモードでは、サーバの負荷と必要なディスク領域が完全 Clonezilla モードと比べて少なくなります。【注意】Clonezilla ボックスモードでは、クライアント設定と設定ファイルは DRBL サーバに保存されません!設定は一度だけ使われて、マシン停止後に消失します!
[2] Clonezilla は不要です。
[3] クライアントの OS(オペレーティングシステム)として Clonezilla Live を使用(テスト用)。
どのモードを使用しますか?
[0] 1
Clonezilla box モードが設定されました。Clonezilla 用簡素モードが使用されます!
******************************************************

モードは「1」を指定する。
後は、以下のように指定していってもらえれば設定は出来るだろう。

******************************************************
Clonezilla ジョブ実行時のクライアント用 CPU アーキテクチャ:: i386
------------------------------------------------------
Clonezilla を使用する際、このサーバのどのディレクトリをイメージの保存に使用しますか? (絶対パスを使用してください。/mnt, /media, /tmp 下を割り当てないで下さい)
[/home/partimag]
Directory for clonezilla saved images: /home/partimag
******************************************************
起動時、クライアントはテキストモードを使用します。
******************************************************
OK! 続けましょう…
------------------------------------------------------
セキュリティ強化の為、クライアント用に pxelinux のパスワードを設定し、クライアント起動時、開始用のパスワード入力が要るようにしますか?
[y/N]
OK! 続けましょう…
------------------------------------------------------
クライアント用に起動プロンプトの設定をしますか?
[Y/n]
クライアントの起動プロンプトタイムアウト秒は(0.1秒単位。秒数を10倍して下さい)?
[70]
OK! 続けましょう…
------------------------------------------------------
------------------------------------------------------
クライアント起動時、PXE メニュー用のグラフィカル背景を使用しますか?
注意!グラフィカル PXELinux メニューを使用して、それでもクライアントが起動に失敗する場合、switch-pxe-bg-mode -m text の実行でテキストモードに切替えられます。
[y/N]
Use text PXE Linux menu for the client.
------------------------------------------------------
OK! 続けましょう…
------------------------------------------------------
------------------------------------------------------
DRBL サーバを NAT サーバとしますか? no の場合、DRBL クライアントはインターネットにアクセス出来ません。
[Y/n]
OK! 続けましょう…
------------------------------------------------------
------------------------------------------------------
もしあれば、古い既存の DRBL クライアントの設定を保持しますか?
[Y/n]
既にある場合、DRBL クライアントの設定を保持してみます。
******************************************************
******************************************************
dnsdomainname: 不明なホスト
サーバで実行中のカーネルは次をサポートしています: NFS over TCP!
注意! サーバで実行中のカーネルを変更し、そのカーネルが UDP または TCP 越しの NFS をサポートしているかどうか判らない場合、失敗時にクライアントが起動するのを避ける為に drblpush -i を再度実行した方が良いでしょう!
Enter キーを押して継続してください…
------------------------------------------------------
******************************************************
The calculated NETWORK for eth0 is 192.168.0.0.
******************************************************
******************************************************
システムにファイルを導入する準備が整いました!
続けますか?
警告! 続ける場合、セットアップの間にファイアウォールルールが上書きされます!
元のルールはシステム設定ディレクトリ(/etc/sysconfig または /etc/default) に iptables.drblsave としてバックアップされます。
[Y/n]
******************************************************
OK! やりましょう!
------------------------------------------------------
Some files are found in /usr/share/drbl//prerun/drbl/. Run them first...
Checking the necessary disk space... done!
Copying the config file to /etc/drbl... done!
Backup the original /etc/hosts as /etc/hosts.drblsave... done!
Generate the /etc/hosts...
done!
Cleaning the stale files of the diskless nodes if they exist... done!
*****************************************************.
*****************************************************.
The version number for your GNU/Linux: CO6.5
Your system is already in clonezilla mode... we will stop it when running drblpush so it will not in a mess.
Setting the TERM as xterm
*****************************************************.
*****************************************************.
Clean all the previous saved config file if they exist...done!
Client OS type when doing Clonezilla job is: nfsroot
Stop OCS mode for node 192.168.0.1, no matter it's in OCS mode or not.
Stop OCS mode for node 192.168.0.2, no matter it's in OCS mode or not.
Stop OCS mode for node 192.168.0.3, no matter it's in OCS mode or not.
Stop OCS mode for node 192.168.0.4, no matter it's in OCS mode or not.
Stop OCS mode for node 192.168.0.5, no matter it's in OCS mode or not.
Stop OCS mode for node 192.168.0.6, no matter it's in OCS mode or not.
*****************************************************.
*****************************************************.
Setting the PXE clients to DRBL mode, keep orig menu label...
Turn off all MENU DEFAULT in /tftpboot/nbi_img/pxelinux.cfg/default...
Make "local" as default label in /tftpboot/nbi_img/pxelinux.cfg/default.
Keeping the old common root files if they exist...
Keeping old nodes if they exist...
Creating common root files... This might take several minutes...........Copying normal dir /lib64 to /tftpboot/node_root/... done!
Update the kernel for client if necessary...
The DRBL client uses x86_64 kernel with version 2.6.32-431.11.2.el6.x86_64...
Trying to update the /tftpboot/node_root/lib/modules/2.6.32-431.11.2.el6.x86_64 from server's /lib/modules/... This might take several minutes...
Found kernel modules in /lib/modules/2.6.32-431.11.2.el6.x86_64 and its arch "x86_64" matches client's "x86_64"...
Syncing /lib/modules/2.6.32-431.11.2.el6.x86_64 to client's common root...
Syncing /boot/*-2.6.32-431.11.2.el6.x86_64* to client's common root...
Generating the /tftpboot/node_root/lib/modules/2.6.32-431.11.2.el6.x86_64/modules.dep
Syncing /lib/firmware/ to client's common root...
Copying the directory /etc/ to clients common root /tftpboot/node_root...
Cleaning the ssh key file ssh_host_dsa_key copied from server... done!
Cleaning the ssh key file ssh_host_dsa_key.pub copied from server... done!
Cleaning the ssh key file ssh_host_key copied from server... done!
Cleaning the ssh key file ssh_host_key.pub copied from server... done!
Cleaning the ssh key file ssh_host_rsa_key copied from server... done!
Cleaning the ssh key file ssh_host_rsa_key.pub copied from server... done!
Commenting the TCPwrapper related file /tftpboot/node_root/etc/hosts.deny copied from server... done!
Commenting the TCPwrapper related file /tftpboot/node_root/etc/hosts.allow copied from server... done!
The startup services for DRBL client are:
firstboot netfs rpcbind crond nfslock sshd ypbind haldaemon messagebus acpid cups pcscd cpuspeed abrtd drblthincli arm-wol
rm: cannot remove `/tftpboot/node_root/etc/X11/xorg.conf.d': Is a directory
Using udev for clients... Warning! The fine-tune file /usr/share/drbl//setup/files/RH/CO6.5/rc.sysinit.CO6.5.drbl was not found. Using /usr/share/drbl//setup/files/RH/CO6.4/rc.sysinit.CO6.4.drbl as /etc/rc.d/rc.sysinit for DRBL clients!
This may cause some problems to DRBL clients!
Warning! The fine-tune file /usr/share/drbl//setup/files/RH/CO6.5/halt.CO6.5.drbl was not found. Using /usr/share/drbl//setup/files/RH/CO6.4/halt.CO6.4.drbl as /etc/init.d/halt for DRBL clients!
This may cause some problems to DRBL clients!
Deleting the accounts (except root) in the clients common root template... done!
Enabling the NIS client in the common root template... done!
Creating some necessary files in the clients common root template...... done!
Creating DRBL client: test192-168-0-1 192.168.0.1... Display manager:"gdm"...
Setting node 192.168.0.1 as normal_login... done!
Creating DRBL client: test192-168-0-2 192.168.0.2... Pseudo client is created for DRBL SSI or clonezilla box mode! done!
Creating DRBL client: test192-168-0-3 192.168.0.3... Pseudo client is created for DRBL SSI or clonezilla box mode! done!
Creating DRBL client: test192-168-0-4 192.168.0.4... Pseudo client is created for DRBL SSI or clonezilla box mode! done!
Creating DRBL client: test192-168-0-5 192.168.0.5... Pseudo client is created for DRBL SSI or clonezilla box mode! done!
Creating DRBL client: test192-168-0-6 192.168.0.6... Pseudo client is created for DRBL SSI or clonezilla box mode! done!
Template client for DRBL SSI, Clonezilla box mode or Clonezilla live client is 192.168.0.1
Using template host /tftpboot/nodes/192.168.0.1
Generating SSH host keys for client 192.168.0.1 if they do not exist... done!
Generating the files for DRBL single system image template... root... etc... var... Root's openssh public key... done!
Modifying option diskless_client_os in drbl-ocs.conf...
Disable the password in pxelinux simple menu for all clients...
Disabling PXE password in config file /tftpboot/nbi_img/pxelinux.cfg/default...
done!
Now add necessary services to this DRBL server: DHCP, TFTP, NFS, NIS...
Generating the NFS exports for DRBL clients...
Backup the original /etc/exports as /etc/exports.drblsave
Exporting to clients by IP address line-by-line...
The /etc/exports setting is ok now!
Now generate the firewall rules for NAT service...
Warning! /etc/sysconfig//iptables is renamed as iptables.drblsave!
Your firewall rules is overwritten!!! We set the NAT for clients to access this DRBL server!
Stop the NAT service first...
Now stop the NAT service...
iptables: Setting chains to policy ACCEPT: nat filter [  OK  ]
iptables: Flushing firewall rules: [  OK  ]
iptables: Saving firewall rules to /etc/sysconfig/iptables: [  OK  ]
ip_forward is already on.
Now set the YP securenets...
Backup the original /var/yp/securenets as /var/yp/securenets.drblsave
The /var/yp/securenets setting is done!
Update YP...
Now add the service:  dhcpd xinetd rpcbind iptables ypserv ypbind yppasswdd ypxfrd nfs nfslock
Force to add dhcpd service in this RH-like DRBL server...
Force to add xinetd service in this RH-like DRBL server...
Force to add rpcbind service in this RH-like DRBL server...
Force to add iptables service in this RH-like DRBL server...
Force to add ypserv service in this RH-like DRBL server...
Force to add ypbind service in this RH-like DRBL server...
Force to add yppasswdd service in this RH-like DRBL server...
Force to add ypxfrd service in this RH-like DRBL server...
Force to add nfs service in this RH-like DRBL server...
Force to add nfslock service in this RH-like DRBL server...
Now start the service:  dhcpd xinetd rpcbind iptables ypserv ypbind yppasswdd ypxfrd nfs nfslock
Starting dhcpd: [  OK  ]
Starting xinetd: [  OK  ]
Stopping rpcbind: [  OK  ]
Starting rpcbind: [  OK  ]
iptables: Applying firewall rules: [  OK  ]
Stopping YP server services: [  OK  ]
Starting YP server services: [  OK  ]
Shutting down NIS service: [  OK  ]
Starting NIS service: [  OK  ]
Binding NIS service: .[  OK  ]
Stopping YP passwd service: [  OK  ]
Starting YP passwd service: [  OK  ]
Stopping YP map server: [  OK  ]
Starting YP map server: [  OK  ]
Shutting down NFS daemon: [  OK  ]
Shutting down NFS mountd: [  OK  ]
Shutting down NFS quotas: [  OK  ]
Shutting down NFS services:  [  OK  ]
Shutting down RPC idmapd: [  OK  ]
Starting NFS services:  [  OK  ]
Starting NFS quotas: [  OK  ]
Starting NFS mountd: [  OK  ]
Starting NFS daemon: [  OK  ]
RPC idmapd を起動中: [  OK  ]
Stopping NFS locking: [  OK  ]
Stopping NFS statd: [  OK  ]
Starting NFS statd: [  OK  ]
ip_forward is already on.
DRBL サーバのディスプレイマネージャ: "gdm"
DRBL サーバでの GDM リモートアクセスは既に無効です!!
DRBL クライアント用のターミナルモードを無効化…
完了 !
Clean all the previous saved config file if they exist...done!
Turn on the boot prompt for PXE client...done!
Turn off the thin client option in PXE boot menu...done!
Modifying /tftpboot/nbi_img/pxelinux.cfg/default to let DRBL client use text PXE boot menu... done!
Turn off all MENU DEFAULT in /tftpboot/nbi_img/pxelinux.cfg/default...
Make "local" as default label in /tftpboot/nbi_img/pxelinux.cfg/default.
DRBL service is set as unavailable. Set clientdir opt for label drbl in pxelinux config...
Setting drbl_mode="none" in /etc/drbl/drbl_deploy.conf and /etc/drbl/drblpush.conf... done!
Clonezilla box mode. Set clientdir opt for label clonezilla in pxelinux config...
Setting clonezilla_mode="clonezilla_box_mode" in /etc/drbl/drbl_deploy.conf and /etc/drbl/drblpush.conf... done!
Clonezilla サービスを開始する為に "dcs" -> clonezilla-start を使用しなければなりません。これにより、クライアント起動時に Clonezilla メニューが表示されます。
Some files are found in /usr/share/drbl//postrun/drbl/. Run them now...
*****************************************************.
Enjoy DRBL!!!
http://drbl.org; http://drbl.nchc.org.tw
NCHC Free Software Labs, Taiwan. http://free.nchc.org.tw
*****************************************************.
よろしければ、全て準備完了である事を確認するためにここで DRBL サーバを再起動します…(これは必須ではなく、単なるオプションです)。
*****************************************************.
DRBL サーバは準備出来ています!! PXE から起動するよう、クライアントマシンをセットして下さい(詳細は http://drbl.sourceforge.net を参照)
追伸:設定ファイルは /etc/drbl/drblpush.conf に保存されました。従って、drblpush を同じ設定で実行する場合、drblpush -c /etc/drbl/drblpush.conf で実行できます。
[root@test-centos ~]#

以上でClonezilla Serverの初期設定を終了する。

実際のバックアップ、リストア方法については細かく記述してくれていたページがあったので、そちらを参照してもらいたい。

●バックアップ

Clonezilla/Server_クライアントイメージ作成

●リストア

Clonezilla/Server_マルチキャストリストア

なお、今更だが一点。このClonezilla Serverが動作するクライアント環境はある程度限られているようで、NICの種類によっては正常に動かない事もあるらしい。
利用する際は、可能な限り同一のハードウェアでテストを行う事をお勧めしたい。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。