メカニカルキーボードの掃除
Pocket

1年ほど前から使用しているメカニカルキーボードがちょっと汚くなってきたので、その掃除をしてみることにした。

掃除をするキーボードは以下。

FILCO Majestouch2 87テンキーレス黒軸US配列 USB&PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 独Cherry黒軸採用メカニカルキーボード ブラック FKBN87ML/EB2

現在の状況は以下。

表面上はまだきれいに見えるけど、中はトンでもない事になっている。できれば、食事中は見ない方が良いと思う…

キーボードの掃除は以下の手順で行う。

  1. キートップを全てはずす
  2. キートップを食器用洗剤で洗う
  3. キートップを乾かしている間に、キーボード本体の掃除を行う
  4. キートップをキーボード本体につけ直す
Sponsored Links

下準備

まずは、以下の物を用意する。

パソコン用 キーボード キートップ引抜工具  【簡単引抜】【10823】

ダストブロワー(エアダスター) 400ml AD-152A

除菌ジョイ 特大サイズ 770ml

無水エタノールP 500ml【HTRC3】

上記はあくまでも今回の掃除で使用したもの。代用できるものがあるのであれば不要。
例えば、エアダスターはドライヤーで(多少)代用がきく。
さすがにキートップ引き抜き工具に関しては、はさみやナイフで代用するのはお勧めできない。

キートップ引き抜き

読んで字のごとく。キートップ引き抜き工具を使い、一個一個引き抜いていく。
引き抜きを行う前に、キーボードの写真を取る事を推奨する。後でキートップを戻すときに、どこに何をもどせばいいのかが分からなくならないようにだ。

引き抜くとき、EnterキーやSpaceキー、シフトキー、Backspaceキーには金属の補強がされているので注意する。

キートップを全て引き抜いた結果がこちら。

…こいつは汚ねぇ!
ゲ○以下のにおいが(以下略)

いままでこんな状態のキーボードに触りながらPC操作していたのか…と驚愕しつつ、次の行程に移る。

キートップ水洗い

外したキートップをざるか何かに入れて、食器用洗剤をぶっかけて水につけて洗う。このとき、キートップを1個でもなくさないように注意する事。

水洗いが終わったら、ざるごと引き上げて新聞紙の上で1〜2時間ほど乾かす。

キーボード本体の掃除

キートップを乾燥させている間に、キーボード本体の掃除を行う。
キーボード本体とエアダスターを持って外に行き、エアダスターで本体のゴミをあらかた飛ばす。

ある程度のゴミを飛ばしたら、綿棒と無水エタノールでエアダスターで飛ばせなかった汚れを取ってあげる。

キートップはめ込み

キーボード本体の掃除が終わり、キートップの乾燥も終わったら、キートップを1個ずつはめ込んであげる。

間違えて差し込まないよう、1個ずつ丁寧に作業を行う事。

全てはめ込んだ状態がこちら。

なお、左上の汚れのようなものは水のあとだ。

最初の写真に比べても、きれいになったと思う。
やっぱりキーボードはきれいな状態で使いたい。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。