WindowsにSSH接続できるPowerShell SSH Serverの構築
Pocket

最近知ったのだが、WindowsにSSH接続を行える『PowerShell SSH Server』なるものがあるらしい。

ツールボックス: IT プロフェッショナル向けの新製品: – TechNet

http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/ff808410.aspx

有償製品のようだが、無償提供版もあるらしい。
通常、Windowsへの接続といえばRDP接続で、コマンドラインでの接続はあまりメジャーではない。
(PSexecでの接続も可能だけど、これは通常の手法ではないような気もするし…)

MacやLinuxのsshコマンドから接続出来るようにもなるので、構築してみよう。

1.ダウンロード

まずはソフトのダウンロードから。
以下のリンク先へ飛んで、『DOWNLOAD』からダウンロードする。

PowerShell Server | Secure Remote Access to PowerShell

http://www.powershellserver.com/

2.インストール

次に、実際にインストールを開始する。
先ほどダウンロードした「setup.exe」を実行する。

20140520_000000

Sponsored Links

『PowerShell Server V6 Setup』が開くので、「Next」をクリックする。

20140520_000001

『License Agreement』画面が開くので、「I Agree」をクリックする。

20140520_000002

『Choose Install Location』画面が開くので、デフォルトのままで「Next」をクリックする。

20140520_000003

『Choose Components』画面が開くので、デフォルトのまま「Next」をクリックする。

20140520_000004

『Choose Start Menu Folder』画面が開くので、デフォルトのまま「Next」をクリックする。

20140520_000005

『Installation Options』画面が開くので、デフォルトのまま「Next」をクリックする。

20140520_000006

『Ready to Install』画面が開くので、「Install」をクリックしインストールを開始。

20140520_000007

インストール完了後、『Installation completed successfully』画面が開く。
これでインストールは完了した。

20140520_000008

3.初期設定

インストール完了後、『PowerShell SSH Server』の管理ウィンドウが表示される。
「Start」をクリックし、PowerShell SSH Serverを起動させる。

20140520_000010

「Service」タブで、「Run as a Windows Services」にチェックを入れる。

20140520_000011

「Connection」タブに移動し、画面にある3つのチェックボックスにチェックをして「Save Changes」をクリック。

20140520_000013

これで、SSH接続(+α)が出来るようになった。

4.接続

さて、それでは早速SSH接続してみよう。
Teratermから接続。

 

20140520_000003

20140520_000004

無事接続できた。試しに、「get-help」コマンドを実行してみる。

20140520_000005

…あれ?
なんか文字化けしている…

もし文字化けした場合は、「Other」タブから使用したいエンコードを選択する。
今回は「UTF-8」を選択した。

20140520_000014

再度接続して「get-help」コマンドを実行。

20140520_000006

無事日本語で表示された。
リモートデスクトップの出来ない環境であれば、このプログラムをインストールするとWindowsの管理が捗るね。

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。