XenServer をインストールしてみた
Pocket

仮想化といえばVMwareだが、世の中では他にも仮想化がいっぱいある。
Windows上で稼働するHyper-V、このブログでも比較的多く取り上げているProxmox(KVM)、まだ触っていないが今後流行りそうなOpenStack。そしてこのXenServerなどが有名だ。

今回は、このXen Serverのインストールをしてみる。

1.インストールメディアのダウンロード

まずはインストールに使用するメディアをダウンロードする。
以下のサイトからダウンロードを行う。

Citrix XenServerダウンロード(USサイト)

http://www.citrix.co.jp/products/xenserver/download.html

2.インストール

インストールメディアを挿入し、インストールを開始する。

20140525-000000_1

キーボードの選択画面が表示されるので、使用するキーボード言語を選択する。

20140525-000001_1

インストールを続行するか聞いてくるので、「OK」を選択しEnter。

20140525-000002_1

ライセンスに関しての確認画面が表示されるので、「Accept EULA」を選択しEnter。

20140525-000003_1

インストール先のストレージを選択する画面が表示されるので、対象のディスクを選択し「OK」を選択。
なお、今回はThin Provisioningを有効にした。

20140525-000005_1

インストール元のメディアを選択する画面が表示される。
今回は挿入しているDVDからインストールを行うので、「Local media」を選択し「OK」。

20140525-000006_1

Supplemental Packのインストールを行うかどうか表示されるので、一応「Yes」を選択。

20140525-000007_1

インストール元のテストを行うかどうか表示される。
念のためテストを実行するため、「OK」を選択する。

20140525-000008_1

20140525-000009_1

次に、rootのパスワードを設定する。
パスワード入力後、「OK」。

20140525-000010_1

Sponsored Links

ネットワーク設定が表示されるので、今回は固定IPアドレスを設定。

20140525-000011_1

ホスト名とDNSサーバの設定画面が表示されるので、自身の環境に合わせて設定を進める。

20140525-000013_1

タイムゾーンの設定画面が表示されるので、Asia >> Tokyoを選択。

20140525-000014_1

20140525-000015_1

NTPを使用するかどうか選択肢が表示されるので、「Using NTP」を選択し「OK」。

20140525-000016_1

NTPサーバの指定画面が表示されるので、使用するNTPサーバのアドレスを入力し「Ok」。

20140525-000017_1

インストールを行うかの確認画面が表示されるので、「Install XenServer」を選択。

20140525-000018_1

なお、Supplemental Packのインストールを行うと選択している場合、以下の画面が表示されるようだ。
特にインストールしないので、「Skip」を選択。

20140525-000019_1

インストールが開始される。

20140525-000020_1

インストールが無事終了すると、以下の画面が表示される。

20140525-000021_1

再起動後、ESXiに似た以下の画面が表示される。
ESXiと同様、この画面から色々設定出来るようだ。

20140525-000022_1

3.クライアントソフト「XenCenter」インストール

さてXenServerはインストールしたが、仮想マシン等の作成のために、クライアントソフト(vSphere Clientのようなもの)をインストールする必要がある。
まずは、WebブラウザからXenServerのIPアドレスにアクセスし、「XenCenter installer」からインストーラーをダウンロードする。

20140525-000026

XenCenter installerを実行する。
下記のウィンドウが表示されるので、「Next」を選択。

20140525-000027

Destination Folder画面が表示されるので、デフォルト表示のまま「Next」。

20140525-000028

Ready to install Citrix XenCenter画面が表示されるので「Install」をクリック。

20140525-000029

無事インストールが完了。

20140525-000030

4.「XenCenter」の起動

さて、先ほどインストールしたXenCenterを起動する。
起動後、以下の画面が表示されるので、「Yes」を選択する。

20140525-000032

XenCenterが起動した。

20140525-000033

ただ、今はまだ先ほどインストールしたXenServerには接続出来ていない。
「Add New Server」をクリックする。

「Add New Server」をクリックすると以下のポップアップウィンドウが表示されるので、接続先のXenServerの情報を入力していく。

20140525-000034

追加したサーバについての情報を保存するか聞いてくるので、「Save and restore server connection state on startup」にチェックを入れて「OK」。

20140525-000035

 

無事、XenServerに接続出来た。

20140525-000036

ここ最近はマイナーな部類に入っているが、ちょっといじってみることにした。
仮想マシンでも作ってみるかな?

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。