複数台に対し同時にSSH接続、コマンドを実行する『Parallelssh』
Pocket

以前、TeratermマクロPerlスクリプトで、指定したホストに連続してログインし、コマンドを実行させるプログラムについて記述したが、今回は各ホストに対し「同時に」SSH接続してコマンドを実行させるプログラム『Parallel SSH』について記述する。

1.インストール

まずはインストールをしないと始まらない。
各OSごとのインストール方法について、以下に記述する。

●Debian/Ubuntu

# apt-get install pssh

●RHEL系

# yum install pssh

●Windows

こちらのリンクからzipファイルをダウンロードし、解凍したファイルの中にある「nssh.exe」を用いる。

Sponsored Links

2.コマンド実行

まずは、以下にUbuntuで実行した際のヘルプを記載する。

root@Test-Ubuntu001:~# parallel-ssh --help
Usage: parallel-ssh [OPTIONS] command [...]

Options:
  --help                show this help message and exit
  -h HOST_FILE, --hosts=HOST_FILE
                        hosts file (each line "[user@]host[:port]")
  -H HOST_STRING, --host=HOST_STRING
                        additional host entries ("[user@]host[:port]")
  -l USER, --user=USER  username (OPTIONAL)
  -p PAR, --par=PAR     max number of parallel threads (OPTIONAL)
  -o OUTDIR, --outdir=OUTDIR
                        output directory for stdout files (OPTIONAL)
  -e ERRDIR, --errdir=ERRDIR
                        output directory for stderr files (OPTIONAL)
  -t TIMEOUT, --timeout=TIMEOUT
                        timeout (secs) (0 = no timeout) per host (OPTIONAL)
  -O OPTION, --option=OPTION
                        SSH option (OPTIONAL)
  -v, --verbose         turn on warning and diagnostic messages (OPTIONAL)
  -A, --askpass         Ask for a password (OPTIONAL)
  -x ARGS, --extra-args=ARGS
                        Extra command-line arguments, with processing for
                        spaces, quotes, and backslashes
  -X ARG, --extra-arg=ARG
                        Extra command-line argument
  -i, --inline          inline aggregated output for each server
  -I, --send-input      read from standard input and send as input to ssh
  -P, --print           print output as we get it

Example: pssh -h hosts.txt -l irb2 -o /tmp/foo uptime
root@Test-Ubuntu001:~#

なお、Ubuntuの場合コマンドは「parallel-ssh」だが、CentOSの場合は「pssh」となっていたので、OSのディストリビューション別に実行コマンド名が違うようだ。

それでは、実際にコマンドを実行していこう。「parallel-ssh」を用いる際は、IPアドレスを記述した外部ファイルが必要となる。
ここでは、「hostip.list」というファイルを作成し、これを用いるものとする。

以下の例では、「hostip.list」に記述されたホスト名に対し、touchコマンドで「test」ファイルを作成し、lsコマンドでその存在有無を確認している。

20140720_000001

root@Test-Ubuntu001:~# parallel-ssh -l root -h hostip.list -A touch test
Warning: do not enter your password if anyone else has superuser
privileges or access to your account.
Password:
[1] 02:55:05 [SUCCESS] 192.168.0.240
[2] 02:55:06 [SUCCESS] 192.168.0.33
[3] 02:55:06 [SUCCESS] 192.168.0.41
root@Test-Ubuntu001:~# parallel-ssh -l root -h hostip.list -A -i ls -la test
Warning: do not enter your password if anyone else has superuser
privileges or access to your account.
Password:
[1] 02:56:10 [SUCCESS] 192.168.0.41
-rw-r--r-- 1 root root 0 Jul 20 02:55 test
[2] 02:56:10 [SUCCESS] 192.168.0.33
-rw-r--r-- 1 root root 0 Jul 20 02:55 test
[3] 02:56:10 [SUCCESS] 192.168.0.240
-rw-r--r-- 1 root root 0 Jul 20 11:55 test
root@Test-Ubuntu001:~#

ここで実行している各オプションについて解説する。

  • -l…sshでログインするユーザ名を指定する。「-l ユーザ名」
  • -h…ホスト名(IPアドレス)を記述したファイルを指定する。「-h ホスト名を記述したファイル」
  • -A…ログインするユーザのパスワードを入力出来る。なお、全てのホストが同じパスワードである必要がある。
  • -i…各ホストにコマンド実行結果を表示させる。

全ホストで使用するユーザ名とパスワードが同じである必要はあるが、これは便利だ。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 2 comments

  1. Pingback: 【コンピューター】 AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ〈AERA〉 (dot.) – Yahoo!ニュース 2014年07月29日 朝刊 | aquadrops * news

  2. Pingback: Teratermで複数台のホストに対し一度にコマンドを実行させる | 俺的備忘録 〜なんかいろいろ〜

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。