lsコマンドで覚えておきたい使い方16個(+3個)
Pocket

Linuxを用いる上で必須とも言えるlsコマンド。
そのコマンドについて、個人的に覚えておきたい使い方についてまとめてみることにした。
内容としては、覚えておきたいオプションと他のコマンドとの組み合わせでの使い方、計16個18個だ。(2個増えた)

なお、例として使用しているのはUbuntu 14.04LTSを用いている。

1.基本の使い方

まずは基本的な使い方から。
オプションを使用しないで使用すると、以下のように出力される。

20140712_000003

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls
aaa abc abcd abd archey-0.2.8.deb screenfetch-dev test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$

リストとして表示させたい場合は、「-l」オプションを付加する。

20140712_000004

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -l
合計 152
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:50 aaa
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 2 test test 1212 7月 11 00:08 abcd
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r-- 1 test test 6438 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r-- 1 test test 138155 7月 12 11:54 screenfetch-dev
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 11:52 test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$

「-l」オプションを用いるとそのファイルの権限や所有者等の情報も表示されるが、ただファイル名のみリスト化したい場合は「-1」を用いると良い。

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -1
aaa
abc
abcd
abd
archey-0.2.8.deb
screenfetch-dev
test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$

隠しファイルやフォルダ(.から始まるもの)を表示させるには、「-a」オプションを付加する。

20140712_000005

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -la
合計 160
drwxrwxr-x 3 test test 4096 7月 12 11:58 .
drwxr-xr-x 24 test test 4096 7月 12 11:50 ..
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:58 .ass
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:50 aaa
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 2 test test 1212 7月 11 00:08 abcd
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r-- 1 test test 6438 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r-- 1 test test 138155 7月 12 11:54 screenfetch-dev
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 11:52 test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$

なお、この時「-a」ではなく「-A」を用いると、このフォルダと親フォルダの情報(3行目と4行目)を表示しないでリスト化してくれる。

2.ファイルサイズ順でのソート

ファイルサイズが大きいもの順に並べ替える場合は、「-S」オプションを付加する。

20140712_000006

Sponsored Links

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -laS
合計 160
-rw-rw-r-- 1 test test 138155 7月 12 11:54 screenfetch-dev
-rw-rw-r-- 1 test test 6438 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
drwxrwxr-x 3 test test 4096 7月 12 11:58 .
drwxr-xr-x 24 test test 4096 7月 12 11:50 ..
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 11:52 test1
-rw-rw-r-- 2 test test 1212 7月 11 00:08 abcd
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:58 .ass
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:50 aaa
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
test@test-vm-ubuntu:~/test$

逆順にしたい場合は、「-r」オプションも付加する。

3.時間順でのソート

ファイルサイズだけではなく、ファイル更新時間やアクセス時間順でのソートも可能だ。
ファイル更新時間順でソートする場合は「-t」を、アクセス時間順でソートするのであれば「-tu」オプションを付加すればいい。
逆順にする場合は「-r」オプションを付加すればいい。

20140713_000000

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -lt
合計 152
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:16 aaa.xls
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:16 aaa.xlsx
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 12:12 test1
-rw-rw-r-- 1 test test 138155 7月 12 11:54 screenfetch-dev
-rw-rw-r-- 1 test test 6438 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:50 aaa
-rw-rw-r-- 2 test test 1212 7月 11 00:08 abcd
test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -ltu
合計 152
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 13 00:08 aaa.xlsx
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 13 00:08 aaa
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:16 aaa.xls
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 12:13 test1
-rw-rw-r-- 1 test test 138155 7月 12 11:54 screenfetch-dev
-rw-rw-r-- 1 test test 6438 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r-- 2 test test 1212 7月 11 07:53 abcd
test@test-vm-ubuntu:~/test$

なお、「-u」オプションは「-l」とのみ組み合わせた場合、アクセス時間のみを表示させる。

4.拡張子順でソートする

拡張子順でソートする場合は、「-X」オプションを付加する。

20140713_000002

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -laX
合計 160
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:50 aaa
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 2 test test 1212 7月 11 00:08 abcd
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r-- 1 test test 138155 7月 12 11:54 screenfetch-dev
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 12:12 test1
drwxrwxr-x 3 test test 4096 7月 13 00:38 .
drwxr-xr-x 24 test test 4096 7月 13 00:38 ..
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:58 .ass
-rw-rw-r-- 1 test test 6438 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 13 00:38 aaa.xls
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:16 aaa.xlsx
test@test-vm-ubuntu:~/test$

5.ファイルの容量を読みやすくする

通常、「-l」オプションで表示されるファイルの容量はバイト数で表示されるが、「-h」オプションでそれをよりわかりやすい単位で表示させる事ができる。

20140713_000001

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -lh
合計 152K
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:50 aaa
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:16 aaa.xls
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:16 aaa.xlsx
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 2 test test 1.2K 7月 11 00:08 abcd
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r-- 1 test test 6.3K 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r-- 1 test test 135K 7月 12 11:54 screenfetch-dev
drwxrwxr-x 2 test test 4.0K 7月 12 12:12 test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$

6.ディレクトリの末尾に「/」を追加する

20140713_000003

ディレクトリの末尾に「/」を追加するには、「-F」オプションを付加すればいい。

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -laF
合計 160
drwxrwxr-x 3 test test 4096 7月 13 00:38 ./
drwxr-xr-x 24 test test 4096 7月 13 00:38 ../
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:58 .ass
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:50 aaa
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 13 00:38 aaa.xls
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:16 aaa.xlsx
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 2 test test 1212 7月 11 00:08 abcd
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r-- 1 test test 6438 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r-- 1 test test 138155 7月 12 11:54 screenfetch-dev
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 12:12 test1/
test@test-vm-ubuntu:~/test$

7.サブディレクトリ以下の内容も確認する

20140713_000004

サブディレクトリ配下も同時にlsを行う場合は、「-R」オプションを付加する。

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -laR
.:
合計 160
drwxrwxr-x 3 test test 4096 7月 13 00:38 .
drwxr-xr-x 24 test test 4096 7月 13 00:38 ..
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:58 .ass
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:50 aaa
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 13 00:38 aaa.xls
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:16 aaa.xlsx
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 2 test test 1212 7月 11 00:08 abcd
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r-- 1 test test 6438 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r-- 1 test test 138155 7月 12 11:54 screenfetch-dev
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 12:12 test1

./test1:
合計 8
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 12:12 .
drwxrwxr-x 3 test test 4096 7月 13 00:38 ..
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:12 test
test@test-vm-ubuntu:~/test$

8.ユーザ名、グループ名の表示をユーザID、グループIDに変更する

20140713_000005

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -la
合計 160
drwxrwxr-x  3 test test   4096  7月 13 00:38 .
drwxr-xr-x 24 test test   4096  7月 13 00:38 ..
-rw-rw-r--  1 test test      0  7月 12 11:58 .ass
-rw-rw-r--  1 test test      0  7月 12 11:50 aaa
-rw-rw-r--  1 test test      0  7月 13 00:38 aaa.xls
-rw-rw-r--  1 test test      0  7月 12 12:16 aaa.xlsx
lrwxrwxrwx  1 test test     17  7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r--  2 test test   1212  7月 11 00:08 abcd
-rw-rw-r--  1 test test      0  7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r--  1 test test   6438  7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r--  1 test test 138155  7月 12 11:54 screenfetch-dev
drwxrwxr-x  2 test test   4096  7月 12 12:12 test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -lan
合計 160
drwxrwxr-x  3 1000 1000   4096  7月 13 00:38 .
drwxr-xr-x 24 1000 1000   4096  7月 13 00:38 ..
-rw-rw-r--  1 1000 1000      0  7月 12 11:58 .ass
-rw-rw-r--  1 1000 1000      0  7月 12 11:50 aaa
-rw-rw-r--  1 1000 1000      0  7月 13 00:38 aaa.xls
-rw-rw-r--  1 1000 1000      0  7月 12 12:16 aaa.xlsx
lrwxrwxrwx  1 1000 1000     17  7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r--  2 1000 1000   1212  7月 11 00:08 abcd
-rw-rw-r--  1 1000 1000      0  7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r--  1 1000 1000   6438  7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r--  1 1000 1000 138155  7月 12 11:54 screenfetch-dev
drwxrwxr-x  2 1000 1000   4096  7月 12 12:12 test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$

9.時間の表示形式を変更する

「-l」オプションで表示される時間の表示形式を変更させることも出来る。
表示形式の変更は「–time-style=」オプションで行える。

20140713_000007

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -la --time-style=+"%Y%m%d-%H%M%S"
合計 160
drwxrwxr-x  3 test test   4096 20140713-085542 .
drwxr-xr-x 24 test test   4096 20140713-085542 ..
-rw-rw-r--  1 test test      0 20140712-115809 .ass
-rw-rw-r--  1 test test      0 20140712-115016 aaa
-rw-rw-r--  1 test test      0 20140713-003844 aaa.xls
-rw-rw-r--  1 test test      0 20140712-121624 aaa.xlsx
lrwxrwxrwx  1 test test     17 20140712-115224 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r--  2 test test   1212 20140711-000801 abcd
-rw-rw-r--  1 test test      0 20140712-115101 abd
-rw-rw-r--  1 test test   6438 20140712-115330 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r--  1 test test 138155 20140712-115405 screenfetch-dev
drwxrwxr-x  2 test test   4096 20140712-121208 test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$

なお、表示形式の書き方は以下のようになっている。

  • %Y…年(4桁)
  • %y…年(2桁)
  • %m…月
  • %B…月(◯月)
  • %d…日
  • %a…曜日(1文字)
  • %A…曜日(◯曜日)
  • %H…時
  • %M…分
  • %S…秒

10.「-l」オプション実行時の「合計」を表示させない

「-l」オプション実行時に出力される「合計」を出力させない場合は、「tail」コマンドと組み合わせて実行する。

20140713_000009

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -l | tail -n +2
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:50 aaa
-rw-rw-r-- 1 test test 6 7月 13 10:01 aaa.xls
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:16 aaa.xlsx
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 2 test test 1212 7月 11 00:08 abcd
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r-- 1 test test 6438 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r-- 1 test test 138155 7月 12 11:54 screenfetch-dev
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 12:12 test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$

11.最後に更新したファイルを表示させる

20140713_000006

最後に更新したファイルのみ表示させる場合は、「-t」オプションと「head」コマンドを組み合わせて対応する。

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -Alct|head -2
合計 152
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 13 00:38 aaa.xls

最後に更新したファイル名だけを取得させたい場合は、以下のように実行する

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -t | head -1
aaa.xls
test@test-vm-ubuntu:~/test$

これを応用し、直接編集をする場合(例ではvimを用いる)には、以下のようなコマンドを実行する。

vim `ls -t | head -1`

この手法は、ファイルサイズやアクセス時間でも応用可能だ。

12.lsとwatchでファイルやディレクトリを監視する

lsを定期的に実行させてファイルの動向を監視するのであれば、「watch」コマンドと組み合わせる。
例えば、以下のようにコマンドを実行することで、1秒ごとに「ls -lAt | head -5」を実行させ監視することができる。

20140713_000008

watch -n 1 "ls -lAt | head -5"

13.エイリアス設定でコマンド入力を短縮させる

lsコマンドで、よく使うオプションを含めてエイリアス設定を行う事も出来る。
デフォルトでは「ll(ls -alF相当)」が有名だろう。

例えば、サイズが最も大きいファイル3個のみを表示させ、1行目の「合計」を表示させない「ls -l | tail -n +2」を短縮した場合。

20140713_000008

test@test-vm-ubuntu:~/test$ lt2
コマンド 'lt2' は見つかりませんでした。もしかして:
 コマンド 'lt' - パッケージ 'looptools' (universe)
 コマンド 'rt2' - パッケージ 'rttool' (universe)
lt2: コマンドが見つかりません
test@test-vm-ubuntu:~/test$ alias lt2="ls -l | tail -n +2"
test@test-vm-ubuntu:~/test$ lt2
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:50 aaa
-rw-rw-r-- 1 test test 6 7月 13 10:01 aaa.xls
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:16 aaa.xlsx
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 2 test test 1212 7月 11 00:08 abcd
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r-- 1 test test 6438 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r-- 1 test test 138155 7月 12 11:54 screenfetch-dev
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 12:12 test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -l | tail -n +2
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:50 aaa
-rw-rw-r-- 1 test test 6 7月 13 10:01 aaa.xls
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 12:16 aaa.xlsx
lrwxrwxrwx 1 test test 17 7月 12 11:52 abc -> /home/test/timing
-rw-rw-r-- 2 test test 1212 7月 11 00:08 abcd
-rw-rw-r-- 1 test test 0 7月 12 11:51 abd
-rw-rw-r-- 1 test test 6438 7月 12 11:53 archey-0.2.8.deb
-rw-rw-r-- 1 test test 138155 7月 12 11:54 screenfetch-dev
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 12:12 test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$

14.ファイルの有無確認

ファイルの有無確認でもlsコマンドは使える。
その際に意識しておきたいのがexitコードだ。lsコマンドでは、ファイルが存在する場合は0を、存在しない場合は2を返すようになっている。

20140713_000010

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls
aaa  aaa.xls  aaa.xlsx  abc  abcd  abd  archey-0.2.8.deb  screenfetch-dev  test1
test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls aaa
aaa
test@test-vm-ubuntu:~/test$ echo $?
0
test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls adadada
ls: adadada にアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
test@test-vm-ubuntu:~/test$ echo $?
2
test@test-vm-ubuntu:~/test$

15.ファイル名と容量だけを取得する

「-l」オプションを実行する際、特定の値だけ欲しい場合は「awk」と組み合わせると良いだろう。

20140713_000011

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -lAh | awk '{ print $9 $5 }' | tail -n +2
.ass5
aaa0
aaa.xls6
aaa.xlsx0
abc17
abcd1.2K
abd0
archey-0.2.8.deb6.3K
screenfetch-dev135K
test14.0K
test@test-vm-ubuntu:~/test$

16.ディレクトリだけを表示させたい

ディレクトリだけを表示させたい場合は、「-d」オプションをもちいて「*/」となるものだけを表示させればいい。

20140713_000012

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -lAd */
drwxrwxr-x 2 test test 4096 7月 12 12:12 test1/
test@test-vm-ubuntu:~/test$

17.ファイルのフルパス表示をさせる

ファイルのフルパス表示をさせる場合は、サブディレクトリを含め再帰的に出力させるかどうかでやり方が異なる。詳細についてはこちらを参照
サブディレクトリを含めない場合は、以下のように「-d」オプションを付与し、ファイルを出力させたいディレクトリを指定して「*(アスタリスク)」をつける。

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -ld /home/test/*
-rw-rw-r-- 1 test test 6808 7月 6 11:25 2014 /home/test/archey-0.2.6-6.noarch.rpm
-rw-r--r-- 1 root root 73 6月 28 18:39 2014 /home/test/ipmi.list
-rw-r--r-- 1 root root 551 6月 29 13:11 2014 /home/test/ipmi.sh
drwxrwxrwx 4 chef-ope chef-ope 4096 7月 6 11:35 2014 /home/test/scrot-0.8
-rw-r--r-- 1 root root 74324 10月 2 04:39 2009 /home/test/scrot-0.8.tar.gz

カレントディレクトリを出力させる場合は以下。

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -ld $PWD/*
-rw-rw-r-- 1 test     test      6808  7月  6 11:25 2014 /home/test/archey-0.2.6-6.noarch.rpm
-rw-r--r-- 1 root     root        73  6月 28 18:39 2014 /home/test/ipmi.list
-rw-r--r-- 1 root     root       551  6月 29 13:11 2014 /home/test/ipmi.sh
drwxrwxrwx 4 chef-ope chef-ope  4096  7月  6 11:35 2014 /home/test/scrot-0.8
-rw-r--r-- 1 root     root     74324 10月  2 04:39 2009 /home/test/scrot-0.8.tar.gz

また、サブディレクトリを含め再帰的にフルパス出力させる場合、findコマンドと組み合わせる事で出力可能だ。

test@test-vm-ubuntu:~/test$ ls -la $(find /home/test/test -type f )
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 18:36 2014 /home/test/test/.aaaa
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 13:25 2014 /home/test/test/11111
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 13:25 2014 /home/test/test/11112
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 13:25 2014 /home/test/test/11113
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 13:25 2014 /home/test/test/11114
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 13:25 2014 /home/test/test/11115
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 18:36 2014 /home/test/test/test/.bbbb
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 18:36 2014 /home/test/test/test/.cccc
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 13:26 2014 /home/test/test/test/11111
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 13:26 2014 /home/test/test/test/11112
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 13:26 2014 /home/test/test/test/11113
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 13:26 2014 /home/test/test/test/11114
-rw-r--r-- 1 root root 0 10月 21 13:26 2014 /home/test/test/test/11115

18.サブディレクトリを含め、容量の大きいファイルを割り出す

17番で紹介した再帰的にファイルのリストを出力させる方法を応用することで、サブディレクトリを含めて容量が大きいファイルを割り出す事も可能だ。
詳細についてはこちらに記述している。

やり方は簡単。以下のように、sortコマンドを組み合わせるだけだ。

[root@test-centos etc]# ls -la $(find /var -type f) | sort -nr -k5 | head -10
-rw-r--r--. 1 root root 78594048 12月 1 13:47 2014 /var/lib/rpm/Packages
-rw-r--r-- 1 root root 28483584 12月 6 11:17 2014 /var/cache/yum/x86_64/6/epel/1768a04aa95d504a85449acbddc3efdf21f944048950126321a8279ee1e04d2d-primary.sqlite
-rw-r--r-- 1 root root 20873216 11月 12 22:18 2014 /var/cache/yum/x86_64/6/base/9a3a8909e656c27cd85c75a2d53b491040effa3f170b0369172433843e1829d7-primary.sqlite
-rw-r--r-- 1 root root 12518400 8月 10 09:37 2014 /var/cache/yum/x86_64/6/rpmforge/primary.sqlite
-rw-r--r--. 1 root root 10555392 12月 1 13:48 2014 /var/lib/rpm/Filedigests
-rw-rw---- 1 mysql mysql 10485760 10月 18 10:37 2014 /var/lib/mysql/ibdata1
-rw-r----- 1 root slocate 7077545 12月 24 04:12 2014 /var/lib/mlocate/mlocate.db
-r-------- 1 root root 6291600 12月 11 05:50 2014 /var/log/audit/audit.log.2
-r-------- 1 root root 6291582 11月 15 16:25 2014 /var/log/audit/audit.log.4
-r-------- 1 root root 6291581 12月 23 22:00 2014 /var/log/audit/audit.log.1

19.特定のファイルのみlsで表示させる

同じディレクトリには無いけれど、決まったファイルだけをlsで表示させたい場合は、そのフルパスを記述したファイルをcatで開き、それをlsに読み込ませればいいだろう。

ls -la $(cat リストファイル)

20150715_000000

[root@test-centos7 ~]# cat /tmp/test
/tmp/aaaaa.txt
/tmp/bbbbb.txt
/work/sample
/test/test1
[root@test-centos7 ~]# ls -la $(cat /tmp/test)
-rw-r--r--. 1 root root 1024000000  7月 11 19:12 /test/test1
-rwxrwxrwx. 2 test test          0  7月 11 19:31 /tmp/aaaaa.txt
-rw-r--r--. 1 root root          0  7月 12 20:22 /tmp/bbbbb.txt
-rw-r--r--. 1 root root  209715200  6月  8 23:12 /work/sample
[root@test-centos7 ~]#

もちろん、同様の方法は他のコマンド(rmやmkdir、chmodなどなど)でも利用可能だ。

番外編 lsで出来ない事が出来るコマンド

番外編として、lsコマンドと似ているけど、lsでは出来ない事が出来るものを紹介する。

サブディレクトリごとの容量を合計する「du」コマンド

duコマンドは、サブディレクトリの容量を合計して表示してくれるコマンドだ。
以下は、あるフォルダの配下に有るサブディレクトリの合計容量が大きい順に5個表示させたもの。

※この時やっかいなのが、duにはソートオプションがないため、「-h」を用いると正常にソートさせることができない。

test@test-vm-ubuntu:~$ du | sort -nr | head -5
36244 .
18804 ./.cache
16636 ./.cache/mozilla
16632 ./.cache/mozilla/firefox
16628 ./.cache/mozilla/firefox/716h2o3r.default

フォルダツリーを作成する「tree」コマンド

サブディレクトリの中にあるファイルも確認し、フォルダツリーを作成することが出来るのが「tree」コマンドだ。
実行すると、以下のようなフォルダツリーが生成される。

20140713_000013

 

lsコマンドは、きっと他にも色々な使い方があるかもしれない。
もしご存知の人がいたら教えて下さい。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 2 comments

  1. Pingback: 【コンピューター】 青森・平川市議新たに6人逮捕 定数20のうち逮捕者計15人に (Web東奥) – Yahoo!ニュース 2014年07月16日 夕刊 | aquadrops * news

  2. Pingback: lsコマンドで覚えておきたい使い方16個 | 俺的備忘録 〜なんかいろいろ〜 | unix情報ポータル

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。