ディスクへの書き込みも一発で把握!モニタリングツール『saidar』コマンド
Pocket

以前にも、『Glances』『nmon』といったモニタリングコマンドを紹介していたが、今回も同じような複数要素をひと目で監視出来るコマンド『saidar』を紹介する。
このコマンドの特徴としては、上記2ツールに比べてI/Oの監視に力を入れている事だろう。どのディスクに対し、現在どの程度書き込みが行われているか等を、他の情報と併せてひと目で見ることが出来る。

1.インストール

まずはインストールから行っていこう。
以下のコマンドを実行し、『saidar』をインストールする。

●Debian/Ubuntu

$ sudo apt-get install saidar

●RHEL

$ sudo yum install statgrab-tools
Sponsored Links

2.『saidar』コマンドの実行

さて、それでは実際にコマンドを実行してみよう。

$ saidar

20140820_000002

ディスクI/OにネットワークI/Oもひと目で確認出来る。
うーむ…『Glances』『nmon』もよかったけど、これもなかなか…

念のため、ヘルプの内容を以下に記載しておく。

test@test-vm-ubuntu:~$ saidar -h
Usage: saidar [-d delay] [-c] [-v] [-h]

-d Sets the update time in seconds
-c Enables coloured output
-v Prints version number
-h Displays this help information.

Report bugs to <https://github.com/i-scream/libstatgrab/issues>.
Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。