ログをカラフルにしてもっと見やすく!『ccze tool』

今回は、catやtailと組み合わせてログをカラフルに色分けし見やすくする『ccze tool』を紹介する。

1.インストール

まずはインストール。
以下のコマンドを実行する。

$ sudo yum install ccze  --enablerepo=epel (CentOSの場合)
$ sudo apt-get install ccze (Debian/Ubuntuの場合)
Sponsored Links

2.コマンドの実行

さて、それでは実際にコマンドを実行してみよう。
tailコマンドで、「/var/log/messages」を確認する。

$ tail /var/log/messages | ccze -A

20140825_000023

上半分はcczeを利用していない状態。
下半分でcczeを用いている。

うーむ、確かに見やすい…

むろん、「tail -F」でも閲覧可能だ。

$ tail -F /var/log/messages | ccze -A

20140825_000024

ちなみに…地味にlsでも動作する。

$ ls -la | ccze -A

20140825_000025

dfコマンドでも…

$ df -h | ccze -A

20140825_000026

うーむ…これを一つ入れておくだけで結構はかどるなぁ…


Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。