かっこ良くネットワークトラフィックを監視!『Speedometer』コマンド
Pocket

今回は、ネットワークトラフィックをかっこよくモニタリング出来るツール『Speedometer』コマンドを紹介する。

1.インストール

以下のコマンドを実行し、インストールを行う。

●Debian/Ubuntuの場合

$ sudo apt-get install speedometer

●RHEL系の場合

$ yum install python-urwid
$ wget http://excess.org/speedometer/speedometer-2.8.tar.gz
$ tar -xvzf speedometer-2.8.tar.gz
$ cp speedometer.py /usr/local/bin/speedometer
$ chown root: /usr/local/bin/speedometer
$ chmod 755 /usr/local/bin/speedometer

これでインストールが完了する。

Sponsored Links

2.コマンドの実行

さて、それでは実際にコマンドを実行してみよう。
まずはオプション無しで実行する。

$ speedometer
Usage: speedometer [options] tap [[-c] tap]...
Monitor network traffic or speed/progress of a file transfer. At least one
tap must be entered. -c starts a new column, otherwise taps are piled
vertically.

Taps:
-f filename [size] display download speed [with progress bar]
-r network-interface display bytes received on network-interface
-t network-interface display bytes transmitted on network-interface
-c start a new column for following tap arguments

Options:
-b use old blocky display instead of smoothed
display even when UTF-8 encoding is detected
(use this if you see strange characters)
-i interval-in-seconds eg. "5" or "0.25" default: "1"
-k (1|16|88|256) set the number of colors this terminal
supports (default 16)
-l use linear charts instead of logarithmic
you will VERY LIKELY want to set -m as well
-m chart-maximum set the maximum bytes/second displayed on
the chart (default 2^32)
-n chart-minimum set the minimum bytes/second displayed on
the chart (default 32)
-p use original plain-text display (one tap only)
-s use bits/s instead of bytes/s
-x exit when files reach their expected size
-z report zero size on files that don't exist
instead of waiting for them to be created

Note: -rx and -tx are accepted as aliases for -r and -t for compatibility
with earlier releases of speedometer. -f may be also omitted for similar
reasons.

Python Version: 2.7
Urwid >= 0.9.9.1 detected: yes UTF-8 encoding detected: yes

オプション無しの場合、ヘルプの内容が表示されるだけのようだ。
まず、受信バイト数を表示させる。

$ speedometer -rx eth0

20140824_000018

次に、送信バイト数を確認する。

$ speedometer -tx eth0

20140824_000019

同時に表示させるには、以下のように実行する。

$ speedometer -tx eth0 -rx eth0

20140824_000021

列を分けて表示させる場合は、「-c」で列を分ける事が出来る。
以下では、NIC「lo」とNIC「eth0」で列を分けて表示させている。

$ speedometer -tx lo -rx lo -c -tx eth0 -rx eth0

20140824_000027

うーむ、これはいいね。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 3 comments

  1. Pingback: 【コンピューター】 株式会社はてなに入社しました | おそらくはそれさえも平凡な日々 2014年09月01日 昼刊 | aquadrops * news

  2. Pingback: ネットワークトラフィックを監視![Speedometer] | Adachin Server blog

  3. Pingback: Linuxをかっこよくグラフィカルに監視出来るモニタリングコマンド5選 | 俺的備忘録 〜なんかいろいろ〜

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。