Linuxコンソール上で使えるファイルマネージャ3選
Pocket

通常、Linuxコンソールではコマンドを用いるが、場合によってはファイルマネージャを用いた方が操作しやすい時もあるだろう。
そこで、今回はLinuxのコンソール上で利用出来るファイルマネージャ4個をまとめて紹介してみる事にした。

1. Midnight Commander

20141004_000000

「Midnight Commander」は、Linux コンソール上で扱える代表的なファイルマネージャだ。
2画面型のマネージャで、日本語の情報も多い。

左右の画面はTabキーで切り替え。画面下にあるメニューはF1~F10がそれぞれ該当している。また、その場でコマンドの入力も可能。
以下のコマンドでインストール出来る。

$ sudo apt-get install mc (Debian/Ubuntuの場合)
$ sudo yum install mc (RHEL系の場合)
Sponsored Links

2. Vifm

20141004_000001

vifmは、Linuxで利用出来るVimライクなファイラーだ。
使い方もVimのように利用できるようになっている。

以下のコマンドでインストール出来る。

$ sudo apt-get install vifm vim

3.ranger

20141004_000003

rangerは、今回紹介するファイラーで唯一1画面型のファイルマネージャだ。
以前こちらでも紹介しているコマンドでもある。

以下のコマンドでインストール出来る。

$ wget http://nongnu.org/ranger/ranger-stable.tar.gz
$ tar xvf ranger-stable.tar.gz
$ cd ranger-1.6.1/
$ sudo make install
Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。