Windows 7 でキーマップ(キーボードレイアウト)を編集・変更する方法
Pocket

キーボードにはCapsLockなど人によっては利用しないキーがある。それを誤入力すると結構面倒だ。
そこで、今回はWindows 7でキーマップ(キーボードレイアウト)を編集・変更する方法についてを紹介する。

1.キーマップ編集ソフトでの編集

まずは、キーマップ編集ソフトからの編集から紹介する。このキーマップ編集ソフト、いくつか種類があるが、代表的なものは以下の3つのようだ。

  • Change Key
  • remapkey.exe
  • KeyTweak

今回の所は、一番上のChange Keyを用いることにする。
まずはソフトのダウンロード。こちらのページからダウンロードを行う。

ダウンロード後、圧縮ファイルを解凍し、中にある.exeファイルを管理者権限で実行するだけだ。

20141103_000006

あとは、上記画面で設定したいキーを選択すると、どのキーの機能を付与するかの画面が表示されるので、指示通りに操作するだけだ。

 

2.レジストリでの編集

非常に分かりにくいけれど、レジストリから直接設定が可能だ。
レジストリから変更をする場合は、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout」に新規で「Scancode Map」というバイナリ値を作成し、以下図のように編集していく。

20141103_000001

上記例では、左CtrlキーとCapsLockキーを入れ替えている。
さて、このバイナリ値がそれぞれどういう意味なのかについては、以下の図を参照してもらいたい。

20141103_000005

 

よく設定が行われる各キーのキースキャンコードについては、こちらの一覧を参照してもらいたい。
Scancode Mapについては、英文ドキュメントが存在するので、詳細についてはそちらを参照のこと。
なお、この設定は再起動後に反映されるので注意すること。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。