CentOS 7でIPv6を無効化する
Pocket

今回は、CentOS 7でIPv6を無効化する方法について記述する。
なお、CentOS 7では、IPv6の無効化は推奨されていない。その点を了承の上で設定してもらいたい。

1.一時的にIPv6を無効化する

CentOS 7では、以下のコマンドでIPv6を無効化する。

echo 1 > /proc/sys/net/ipv6/conf/all/disable_ipv6
echo 1 > /proc/sys/net/ipv6/conf/default/disable_ipv6

もしくは

sysctl -w net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=1
sysctl -w net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=1

この設定方法の場合、再起動後は再度IPv6が有効になってしまう。

Sponsored Links

2.恒久的にIPv6を無効化する

CentOS7で恒久的にIPv6を無効化する場合、以下のコマンドで実現する。

echo "net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1" >> /etc/sysctl.conf

もしくは

echo "net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1" > /etc/sysctl.d/disableipv6.conf

 

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 1 comments

  1. Pingback: CentOS6.6のIPv6を無効化する手順を備忘録として 2015年12月03日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。