CentOS7でランレベルを変更する
Pocket

今回は、CentOS 7でOSのランレベルを変更する場合について記述する。

1.現在のランレベルの確認

まずは、現在のランレベルを確認する方法から。
以下のコマンドで現在設定されている起動時のランレベルを確認出来る。

systemctl get-default

20141208_000002

…マルチユーザと言われても、何なのかがわからない。
既存のレベルとの対比を以下のコマンドで確認する。

ls /lib/systemd/system/runlevel*target -l

20141208_000003

lrwxrwxrwx. 1 root root 15 12月 1 15:54 /lib/systemd/system/runlevel0.target -> poweroff.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 13 12月 1 15:54 /lib/systemd/system/runlevel1.target -> rescue.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 17 12月 1 15:54 /lib/systemd/system/runlevel2.target -> multi-user.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 17 12月 1 15:54 /lib/systemd/system/runlevel3.target -> multi-user.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 17 12月 1 15:54 /lib/systemd/system/runlevel4.target -> multi-user.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 16 12月 1 15:54 /lib/systemd/system/runlevel5.target -> graphical.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 13 12月 1 15:54 /lib/systemd/system/runlevel6.target -> reboot.target

 

どうやら、以下のような対比になっているようだ。

従来のランレベル 新しいランレベル
ランレベル0 poweroff.target
ランレベル1 rescue.target
ランレベル2 multi-user.target
ランレベル3
ランレベル4
ランレベル5 graphical.target
ランレベル6 reboot.target

 

ランレベルの2から4までが「multi-user.target」で一括りにされているようだ。

Sponsored Links

2.ランレベルの変更

さて、それでは実際にランレベルを変更してみよう。
以下の様にコマンドを実行する。

systemctl set-default 新しいランレベル

20141208_000004

 

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。