VMware ESXi 5.5を5.5 Update2にアップデートする
Pocket

自宅環境のVMware ESXiのバージョンが5.5なのだが、もういい加減2014年も終わりなので、5.5 Update2にアップデートする事にした。
今回は、その際の手順を記述していく。

前提条件としては、ESXiはSSHもしくはESXiシェルを有効にしている必要がある。

20141230_000003

1.アップデートファイルのダウンロード

まずはアップデートファイルのダウンロードから行う。
こちらのページから、ESXi 5.5でパッチを検索し、「update-from-esxi5.5-5.5_update02 」をダウンロードする。

なお、検索先からURLを取得し、ESXi上でwgetコマンドで取得することは出来ないので、手動でダウンロードし、ファイルをデータストア上に設置する必要があるので注意。
(wgetでhttpsからダウンロードを行おうとすると、「wget: not an http or ftp url:」というエラーが表示されダウンロード出来ない。)

インターネットに接続されているESXi上からアップデートを実行する場合は、以下のコマンドを実行する。

# esxcli software profile update -d https://hostupdate.vmware.com/software/VUM/PRODUCTION/main/vmw-depot-index.xml -p ESXi-5.5.0-20140902001-standard

※上記コマンドで対応した場合、これ以降の手順は不要となるので注意!

20141230_000000

アップデートファイルをダウンロード後、適当なデータストアにアップする。

Sponsored Links

2.アップデートファイルの内容を確認する

以下のコマンドを実行し、先ほどアップしたアップデートファイルの内容を確認する。

# cd /vmfs/volumes/アップしたデータストア
# esxcli software sources profile list --depot=$PWD/update-from-esxi5.5-5.5_update02.zip
Name                              Vendor        Acceptance Level
--------------------------------  ------------  ----------------
ESXi-5.5.0-20140901001s-standard  VMware, Inc.  PartnerSupported
ESXi-5.5.0-20140902001-standard   VMware, Inc.  PartnerSupported
ESXi-5.5.0-20140901001s-no-tools  VMware, Inc.  PartnerSupported
ESXi-5.5.0-20140902001-no-tools   VMware, Inc.  PartnerSupported

20141230_000002

インストールされるアップデートの内容が確認出来た。

3.アップデートの実行

以下のコマンドを実行し、アップデートを適用する。

# esxcli software profile update --depot=$PWD/update-from-esxi5.5-5.5_update02.zip --profile=ESXi-5.5.0-20140902001-standard

20141230_000004

後は、ESXiの再起動を行うだけだ。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。