自作ルーターの構築に最適な小型コンピュータボード7選
Pocket

自作PCの趣味を持つ人は一定数いると思うが、さすがにルーターまで自作している人間は限られるだろう。
通常であれば、自宅用のルーターであればその辺のBuffalo製、もしくはより安定しているNEC製のルーターを使えばいい。

しかし、そういった家庭用ルーターだと、業務用の機器に比べて機能が劣る面がある。だからといって、業務用ルーターなんて新品で購入すれば10万は軽く超えてしまう。中古であればもう少し安くできるが、古い機器になるため、性能面に不安がある。
家庭で業務用ルーターと同等の機能を、それなりのお値段で実現するのであれば、PCベースの基板を用意しそれにルータ用のOSをインストールする方法がある。これならば簡単に業務用ルーターと同等の機能・性能を、それなりのお値段で実現できる。

そんなわけで今回は、自分でルーターを自作する際に便利なコンピュータボードを7個紹介する。

1.PC Engine APU1シリーズ

apu1c1

PC Engine社のx86_64系小型ボードで、AMDのCPUを搭載している。x86_64系なので、当然VyattaやVyOS、SEIL x86といったPCルーター用のOSが動作する。
搭載されているLANポートは3つ。全てGigabit Ethernetだ。ビデオ端子は搭載しておらず、シリアルケーブルで接続しOSのインストールや設定を行う。
日本国内だと、オーディオ用ボードとして販売されている事が多いらしい。後述する前モデルであるALIXシリーズと違い、miniPCI-Express接続のmSATA SSDを用いる。CFは利用出来ないので注意。

私も、実際にこのボードとVyOSで無線LANルーターを構築している。

テストで1週間以上連続稼働をさせているが、問題なく安定している。
あまりルーターの場所を取りたくない時にいい選択肢だろう。

しかし、PCIの増設が出来ないため、基本的にLANポートの増設は出来ない。
そのため、拡張性は無いと考えて良いだろう。LANポートが3つ以上必要な場合は、後述する他のボードを利用してもらいたい。

また、こちらのレビューにも記述されているが、CPUの処理速度があまり早くない。
大きく負荷をかける運用をするのであれば、別の基板の方が向いているかもしれない。

日本国内で入手する場合は、ヤマモト・ツール・ワークスさんやSWITCH SCIENCEさんなどで入手すると良いだろう。

2.PC Engine ALIXシリーズ

CPUはAMD、NICを3ポート搭載している、正方形の小型シングルボードコンピュータのシリーズ。
先ほど紹介したAPU1シリーズの前シリーズで、日本国内でもこのボードを使ってルーターを構築した例がいくつもある。

スペック的には、最初に紹介した後継シリーズであるAPU1シリーズに比べて下がるのだが、その分値段が安くなっている。
性能は低くても、比較的安い値段でルーターを構築したい場合は、こちらの基板の方がいいかも知れない。

後継のAPU1シリーズと同様、拡張性は無いに等しい。
LANポートが3つ以上必要な場合は、後述する他のボードを利用した方が良いだろう。

3.Jetway NF9HQL-525

truneo37_jp-img600x400-1387173960dqdimu18406

2012年頃に発売された、Atom Dual Core D525 (1.80GHz)を搭載したMini-ITXボード。
LANは4×Gigabit Ethernet、PCI Express x1スロットがあるため、PCI Expresss x1 -x16変換ケーブルなどを用いて、NICを増設する事も可能だろう。


PCI Express x1 to x16 1X-16X pcie1X バス延長変換ケーブル 15cm Enlargecorp


インテル Ethernet クアッドポート サーバ・アダプタ I340-T4 バルク 【並行輸入】

ケースは、NICを増設するならばSST-ML05、SST-ML07辺りを使うと良いだろう。


SilverStone Miloシリーズ mini-ITX対応HTPCケース ブラック SST-ML07B


SilverStone Milo Series Mini-ITX HTPCケース ブラック SST-ML05B

現時点では、このボードはヤフオク等で入手することが可能だ。

4.Jetway NF38QLB-525

518jBsBd9XL._SY355_

前述のNF9HQL-525を更に半分の面積にし、なおかつLANポートの数はそのまま保ったボード。
残念ながら、日本国内で入手するには輸入以外方法がない。アメリカなどから、Amazonで購入するのが良いだろう。

Sponsored Links

5.FX5625

image_149614_1

8ポートのGigabit Ethernetを搭載したMini ITX対応のPCルーター。
これについては、ボードというよりもx86対応のルーター機器として販売されていると考えた方がよさそうだ。

こちらも、国内で調達するのは難しいと思われる。
欲しい場合は、アメリカや中国などから輸入するしか無いだろう。

6.GA-9SISLA1SAi-2750F

9813_big

Supermicro-A1SAi-2750F-Test-Platform

GIGABITE、SuperMicro社がそれぞれ出しているボード。
どちらもGigabitのLANポートを4ポート搭載し、マネジメントポートを搭載しているという、まさにサーバ用のボード…なのだ。

もちろん、お値段もサーバ用だ。1枚5万円を超える。
品質としては、今回紹介したボードの中ではトップだと思うが、いかんせん高い。
業務用…というかデータセンター用であれば、1Uラックをルーターにした方が早いだろう。そのため、あまりおすすめは出来ない。

7.Banana PI BPI R1 Opensource Router 

BPI R1 Banana Pi R1 free shipping.Smart Open-source Wireless Router.

以前、私も実際に試してみた事がある基板。
Raspberry Piのルーター版といった代物(…というか、Raspberry Pi のパクr互換機のBanana Pi のルーター版)

使用感としては…お察しください
正直、実用としては使い物にはならないのだが、おもちゃとしてはまぁいいだろう、というレベル。
…まぁ、購入して3日でボード自体が壊れて起動すらしなくなったのだが

とはいえ、コンセプトは非常に面白いため、今後への期待を込めてここにラインナップしておくことにする。

以上、7種類のコンピューターボードを紹介した。
個人的には、あまり性能や拡張性を求めないならばAPU1シリーズを、それ相応の性能や拡張性を求めるならばNF9HQL-525を選択すると良いだろう。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 4 comments

  1. 匿名 Reply

    突然で申し訳ありません
    APU1D4とpfsenseでルータを構築しようと思ったのですが
    SDにイメージをDD for windowsで書き込み、本体にセットして起動を試みたのですがシリアル接続していてもターミナルに何も表示されず…
    接続にはバッファローのUSBシリアルケーブルにジェンダーチェンジャーを噛ませて接続しました
    機器側の初期不良か、接続に問題があるのでしょうか…

    どうか、ご助言頂ければ幸いです…

  2. extremenull Reply

    突然で申し訳ありません
    APU1D4とpfsenseでルータを構築しようと思ったのですが
    SDにイメージをDD for windowsで書き込み、本体にセットして起動を試みたのですがシリアル接続していてもターミナルに何も表示されず…
    接続にはバッファローのUSBシリアルケーブルにジェンダーチェンジャーを噛ませて接続しました

    機器側の初期不良か、接続に問題があるのでしょうか…

    どうか、ご助言頂ければ幸いです…

    • blacknon
      blacknon Reply

      ターミナル上何も表示されないのはおかしいと思いますが…
      通常、SDカードへのイメージコピーで失敗していても、シリアル接続であれば(普通のPCでいう)BIOSの内容が表示されるはずなので。

      うろ覚えで申し訳ないのですが、以前自分で書いた内容を見直すと、シリアルケーブルは確かクロスケーブルで接続しないと通信できなかったような気も…

  3. extremenull Reply

    なるほど…電源は取り敢えず入っているのでジェンダーチェンジャーが怪しそうです…
    まさかボードがお釈迦になっているとは思いませんが…
    ひとまず、シリアルクロスケーブルを手に入れ再度試してみたいと思います
    APUのルータ用途での情報は国内ではまだ多くないので助かりました!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。