VMware ESXi 5.5の評価版の期間を延長する(悪用厳禁・一時しのぎ用)
Pocket

※あくまでも、一時的な対応(期間が1日、2日だけ足りないなど)のために記述しています。期間を超えて利用する場合は、正式にライセンスを購入することをおすすめします。

先日、だいぶ前にインストールして色々設定して放置していたESXiの評価版の利用期日が1日しか無く、再インストールも面倒だったので、一時的に延長することが出来ないか?
と調べてみたところ、ライセンス期間を延長することが出来たので備忘録として残しておく。

上にも書いているが、あくまでも一時しのぎのための方法であり、日常的に利用する場合はちゃんと無償版ライセンスを取得するか、正規品の購入をお願いします。

1.ライセンス関連ファイルのバックアップ

まず、以下のコマンドを実行し評価版ライセンスに関するファイルをバックアップする。
バックアップの取得先は自身の環境にあるESXiの適当なデータストアに置き換えてもらいたい。

# mkdir /vmfs/volumes/適当なデータストア/backup
# cp /etc/vmware/license.cfg /vmfs/volumes/適当なデータストア/backup
# cp /etc/vmware/vmware.lic /vmfs/volumes/適当なデータストア/backup
Sponsored Links

2.バックアップファイルのリストア

バックアップ直後でも数日立ってからでも構わないが、評価版の期限が切れる前に以下のコマンドでライセンス関連ファイルのリストアを行う。

# cp /vmfs/volumes/適当なデータストア/backup/license.cfg /etc/vmware
# cp /vmfs/volumes/適当なデータストア/backup/vmware.lic /etc/vmware

これで、再接続後にはライセンスの期間が60日にリセットされている。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。