Windows ServerでRemote Appを利用したリモートデスクトップ踏み台サーバの構築
Pocket

先日、Windows ServerでRD ゲートウェイという機能を利用した踏み台サーバの構築について記述したが、今回はアプリケーションウィンドウのみをクライアント側に提供する機能「Remote App」を利用した踏み台サーバの構築について記述する。
イメージ的には、X11フォワーディングのウィンドウズ版って感じか?Linux、UNIXに比べて、どのアプリケーションを使えるようにするとか、rdpファイルの配布が必要とか、RDライセンスサーバーが必要だとか、用意がちょっと面倒臭いけど、大分使えそうだ。踏み台サーバにリモートデスクトップで繋げられるセッション数に制限がある場合(追加ユーザライセンスがデフォルトのままの環境)に有効だろう。なお、検証にはWindows Server 2008 R2を用いており、機能の検証のみを行うためRDライセンスサーバーは構築していない。

なお、RDライセンスサーバが無い状態でも120日間の猶予期間が設けられている。今回は機能の検証として構築したため、それを過ぎた際に接続ができなくなるのかは検証していない。
RDPで2ユーザーまでは接続可能であることを考えれば、『同じ1ユーザーで接続をしているのだから問題無い』と思いたいが、やっぱり追加のRDS CALは必要になる。業務で利用するならばちゃんと用意したいところなので注意。

1.インストール

まずはインストールから。
サーバーマネージャーから、リモートデスクトップサービスを追加するため、役割の追加をクリックする。

WS000000

 

開始する前の確認が表示されるので、次へ。

WS000001

 

サーバーの役割の選択で、リモートデスクトップサービスを選択し次へ。

WS000002

 

リモートデスクトップサービスに関する注意文が表示されるので、次へ。

WS000003

 

リモートデスクトップ セッションホストを選択し、次へ。

WS000005

 

互換性維持に関する注意文が表示されるので、そのまま次へ。

WS000006

 

リモートデスクトップ セッションホストの認証方法の指定について表示されるので、「ネットワーク レベル認証を必要としない」を選択し次へ。

WS000007

 

ライセンスモードの指定では、接続ユーザー数を選択する。

WS000008

 

ユーザーグループについては、今回はAdministratorでのみ検証するためそのまま次へ。

WS000009

 

クライアント エクスペリエンスの構成については、とりあえず全部選択して次に行く。

WS000010

 

インストール内容の確認画面が表示されるので、内容を確認してインストール。

WS000012

 

途中で再起動が行われるので、はいをクリック。

WS000014

 

再起動完了後、インストールが完了したとの表示がされる。

WS000015

2.設定・配布

さて、これでWindows Server 2008 R2へRemote Appのインストールが出来た。
次に、このRemote Appでmstsc.exeを利用出来るように設定し、さらにそのプログラムを実行させるrdpファイルを作成・配布する。

まずは、Remote Appで利用可能なプログラムにmstsc.exeを追加する。

WS000017

 

Remote App ウィザードの開始が行われるので、次へ進む。

WS000018

 

Remote Appで利用するプログラム選択を行う画面に移動するので、リモートデスクトップ接続を選択する。

WS000020

 

設定の確認が表示されるので、内容を確認し「完了」をクリックする。

WS000021

 

無事、Remote Appの設定が完了した。

WS000022

 

次に、Remote Appでmstsc.exeを実行するためのrdpファイルを作成する。
下のウィンドウでmstsc.exeを選択した状態で「.rdpファイルの作成」をクリックする。

WS000024

 

RemoteAppウィザードが開始するので、次へをクリックする。

WS000025

 

.rdpファイルの作成場所などについて表示されるので、とりあえずデフォルトのまま次へ。

WS000026

 

内容の確認がされるので、そのまま「完了」をクリックする。

WS000027

 

無事、.rdpファイルが作成された。
あとは、この.rdpファイルを共有フォルダに配置するなり、各クライアントマシンのローカルディスクに配布するなりしてもらいたい。

WS000028

 

Sponsored Links

3.接続

さて、それでは実際に接続してみよう。
配布されたmstsc.rdpファイルをダブルクリックして実行すると、mstsc.exeが実行され、踏み台サーバのユーザ名、パスワードを要求される。

20150216_000000

 

 

踏み台サーバの認証後、以下のような画面が表示され踏み台サーバ側でリモートデスクトップ接続が起動する。
Aeroが適用されていないので、判別はそこで出来るだろう。

20150216_000001

 

後は、通常どおりリモートデスクトップ接続を行うだけだ。
なおこれはあくまでも検証時の話ではあるのだが、同一ユーザー(Administrator)で3デバイスから4セッションの接続をしても、問題なく動作することが出来た。
(その際、query session上では3つほどセッションが貼られていた。)

使ってみると、RDPの踏み台に非常に良いツールだった。もうちょっと、一般化しないかなぁ…

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。