CentOS 7でNICのデバイス名を変更する
Pocket

CentOS 7からは、デフォルトのNIC名がeth0、1…ではなく、ens~という名称になる。
ただ置き換わるだけならばいいのだが、このens~以降の数字がランダム…という訳ではないようなのだが、連番で採番されるわけでもなく、いかんせん分かりにくい…

そこで、このens~というNICを、古典的なeth0、1といったものに書き換えていく。

1.「/etc/default/grub」の編集

まずは、「/etc/default/grub」を編集し、カーネル起動時のオプションとして「net.ifnames=0 biosdevname=0」を追記する。
以下のコマンドを実行することで、GRUB_CMDLINE_LINUXにカーネルパラメータの追記を行える。

grep net.ifnames /etc/default/grub || sed '/^GRUB_CMDLINE_LINUX/s/\"$/ net.ifnames=0 biosdevname=0\"/g' /etc/default/grub

●編集前

GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DISTRIBUTOR="$(sed 's, release .*$,,g' /etc/system-release)"
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=centos/swap vconsole.font=latarcyrheb-sun16 rd.lvm.lv=centos/root crashkernel=auto  vconsole.keymap=us rhgb quiet"
GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"

 

●編集後

GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DISTRIBUTOR="$(sed 's, release .*$,,g' /etc/system-release)"
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=centos/swap vconsole.font=latarcyrheb-sun16 rd.lvm.lv=centos/root crashkernel=auto  vconsole.keymap=us rhgb quiet net.ifnames=0 biosdevname=0"
GRUB_DISABLE_RECOVERY="true

 

編集完了後、以下のコマンドで変更の適用を行う。

sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
Generating grub configuration file ...
Found linux image: /boot/vmlinuz-3.10.0-123.el7.x86_64
Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-123.el7.x86_64.img
Found linux image: /boot/vmlinuz-3.10.0-123.20.1.el7.x86_64
Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-123.20.1.el7.x86_64.img
Found linux image: /boot/vmlinuz-3.10.0-123.13.2.el7.x86_64
Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-123.13.2.el7.x86_64.img
Found linux image: /boot/vmlinuz-0-rescue-48d60ba7e1bf4fda953221490550bfcb
Found initrd image: /boot/initramfs-0-rescue-48d60ba7e1bf4fda953221490550bfcb.img
done
Sponsored Links

2.「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens~」のリネーム

次に、「ens~」から始まる既存のデバイスの設定ファイルを移動、リネームする。

mv /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens... /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

3.再起動

最後に、OSの再起動を行う。
これで、NICのデバイス名の変更が完了する。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 1 comments

  1. Pingback: CentOS7でネットワークインターフェースのデバイス名を変更 | GUNの備忘録

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。