CentOS 7とSamba4で自宅用Active Directory Domain Controller (AD DC)を構築する② リモートサーバ管理ツールの導入
Pocket

さて、前回CentOS 7上にSamba4を用いてドメインコントローラーを構築したが、今のままだとLinux上からしかActive Directoryの管理が出来ない。
そこで、管理を簡単にするために、クライアントであるWindows 7上にリモートサーバー管理ツール(Active Directory のドメインコントローラーに接続し、管理を行うソフトウェア)をインストールする。

前提条件としてインストールを行うクライアント機は対象ドメインにAdministratorユーザでログインしている必要がある。

1.インストーラーのダウンロード

まずは、リモートサーバー管理ツールのインストーラーをダウンロードする。
以下の中から、クライアントOSのバージョンにあったものをダウンロードする。

今回の場合は、Windows 7のものをダウンロードする。

2.インストールの実施

それでは、インストールを行おう。
ダウンロードしたインストーラー(Windows6.1-KB958830-x64-RefreshPkg.msu)を実行する。

20150315_000010_1

 

インストール完了後、[コントロールパネル] > [プログラムと機能] > [Windowsの機能の有効化または無効化]を開き、以下の機能を有効にする。

20150316_000006

  • [リモートサーバー管理ツール] > [機能管理ツール] > [グループポリシー管理ツール]
  • [リモートサーバー管理ツール] > [役割管理ツール] > [AD DSおよびAD LDSツール] > [AD DSツール] > [Active Directory 管理センタ]
  • [リモートサーバー管理ツール] > [役割管理ツール] > [AD DSおよびAD LDSツール] > [AD DSツール] > [NISサーバーツール]
  • [リモートサーバー管理ツール] > [役割管理ツール] > [AD DSおよびAD LDSツール] > [AD DSツール] > [AD LDSスナップインおよびコマンドラインツール]
  • [リモートサーバー管理ツール] > [役割管理ツール] > [AD DSおよびAD LDSツール] > [Windows PowerShell用Active Directoryモジュール]
  • [リモートサーバー管理ツール] > [役割管理ツール] > [DNSサーバーツール]
  • [リモートサーバー管理ツール] > [役割管理ツール] > [ファイルサービスツール] > [リモートデスクトップサービスツール]

これで、インストールが完了した。

20150316_000008

Sponsored Links

3.利用してみる

実際に利用してみたのがこちら。
「Active Directory ユーザーとコンピューター」の画面。ここからユーザの追加や削除、無効化などが行える。

20150316_000009

 

こちらは「グループポリシーの管理」。ここからグループポリシーの設定を行える。

20150316_000012

これで、Samba 4でのActive DirectoryでもGUIで管理が可能になる。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。