Vimでファイル保存時に作成されるバックアップファイルの保存先・バックアップファイル名のルールを設定し世代管理をする
Pocket

Linuxのvimでファイルを保存する際、環境によっては編集したファイルと同じPATHに「オリジナルのファイル名~」というファイルが作られている事がある。
このファイルの保存先、ファイル名は「~/.vimrc」を編集することで変更する事が可能だ。

「~/.vimrc」に、以下のように記述する。

Sponsored Links

:set backup                      " ファイルのバックアップを有効にする
:set writebackup                 " 取得するバックアップを編集前のファイルとする(無効化する場合は「nowritebackup」)
:set backupdir=$HOME/.vimbackup  " このディレクトリはあらかじめ作っておく。chmod 700 するのを忘れずに
:au BufWritePre * let &bex = '.' . strftime("%Y%m%d_%H%M%S")
                                 " バックアップを取得するファイル名を「ファイル名.タイムスタンプ」とする

 

これで、vimで設定ファイルを操作する際に事前バックアップを取得することが可能となる。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。