telnetでコンソール上にASCII Artの動画を配信出来る『cacaserver』
Pocket

以前、Linuxのコンソール上でローカルの動画ファイルをASCII ARTに変換して視聴したり、Youtubeの動画を変換して視聴する方法についてを紹介したが、今回はそれらをtelnet経由でクライアントに配信する方法についてを紹介する。

telnetでアスキーアート変換した動画を配信する場合、cacaserverというコマンドを利用する。
cacaserverは、caca-utilsをインストールしていれば利用出来る。インストールはDebian/Ubuntuであればapt-getで行えるので、それでインストールすると良いだろう。

cacaserverを利用するには、以下のようにコマンドを実行する。

CACA_DRIVER=raw 動画を再生するコマンド | cacaserver

 

以下は、cacafire(ただ火が燃えているっぽいAA動画を再生するだけのコマンド)を再生した際の状態。
確かに、telnetで接続するとASCI Artの動画が再生される事が確認出来る。

aaa3

Sponsored Links

次に、実際にローカルにある動画ファイルをtelnet経由で再生させる。
サーバ側で以下のようにコマンドを実行する。(場合によっては、スクリプト化してバックグラウンドで動作させる)

CACA_DRIVER=raw mplayer -loop 0 -vo caca 動画ファイルのPATH | cacaserver

aaa4

 

確かに、telnetで動画の配信をさせることが出来た。
なお、複数の端末から接続すると、全く同じ位置から動画を閲覧出来る。イメージとしてはテレビのチャンネルを合わせる感じだ。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。