ソースからインストールしたApacheのconfigure実行時のオプションを確認する
Pocket

ソースからインストールしたApacheで実行したConfigureのオプションを確認する場合、Apacheのインストール先ディレクトリにある以下のファイルから確認出来る。

cat Apacheのインストール先ディレクトリ/build/config.nice
[root@test-apache ~]# cat /opt/httpd01/build/config.nice
#! /bin/sh
#
# Created by configure

"./configure" \
"--prefix=/opt/httpd01" \
"--enable-rewrite=shared" \
"--enable-speling=shared" \
"--enable-so" \
"--with-apr=/opt/apr" \
"--with-apr-util=/opt/apr-util" \
"$@"
Sponsored Links

その他、configureのオプションそのものではないが、apachectl -Vでコンパイル時に適用されたパラメーターを確認出来る。

apachectl -V
[root@test-apache ~]# /opt/httpd01/bin/apachectl -V
Server version: Apache/2.4.12 (Unix)
Server built:   Jun 14 2015 00:54:03
Server's Module Magic Number: 20120211:41
Server loaded:  APR 1.5.2, APR-UTIL 1.5.4
Compiled using: APR 1.5.2, APR-UTIL 1.5.4
Architecture:   64-bit
Server MPM:     event
  threaded:     yes (fixed thread count)
    forked:     yes (variable process count)
Server compiled with....
 -D APR_HAS_SENDFILE
 -D APR_HAS_MMAP
 -D APR_HAVE_IPV6 (IPv4-mapped addresses enabled)
 -D APR_USE_SYSVSEM_SERIALIZE
 -D APR_USE_PTHREAD_SERIALIZE
 -D SINGLE_LISTEN_UNSERIALIZED_ACCEPT
 -D APR_HAS_OTHER_CHILD
 -D AP_HAVE_RELIABLE_PIPED_LOGS
 -D DYNAMIC_MODULE_LIMIT=256
 -D HTTPD_ROOT="/opt/httpd01"
 -D SUEXEC_BIN="/opt/httpd01/bin/suexec"
 -D DEFAULT_PIDLOG="logs/httpd.pid"
 -D DEFAULT_SCOREBOARD="logs/apache_runtime_status"
 -D DEFAULT_ERRORLOG="logs/error_log"
 -D AP_TYPES_CONFIG_FILE="conf/mime.types"
 -D SERVER_CONFIG_FILE="conf/httpd.conf"

config.niceとセットで読むとわかりやすいと思う。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。