リモートデスクトップにパスワード入力無しでログインするバッチファイル
Pocket

リモートデスクトップを利用する際、ある程度決まったサーバにログインするならば、パスワードの入力をしなくてもログイン出来るようにしたい。
そんな時はWindowsの資格情報を保存して接続する事で対応出来るのだが、セキュリティ上それを出来ないようにしている環境もある。

そんな時は、以下のようなbatchファイルを作成しておくといいだろう。

Sponsored Links

●RDPログイン.batch

@Echo off
Set SERVER=IPアドレス
Set USERNAME=ユーザ名
Set PASSWORD=パスワード

Cmdkey /generic:TERMSRV/%SERVER% /user:%USERNAME% /pass:%PASSWORD%
Start mstsc /v:%SERVER%
Timeout 1
Cmdkey /delete:TERMSRV/%SERVER%

とりあえずパスワード無しでログインするならば、.rdpファイルを作成するよりもこっちの方が色々な環境で使える。
(.rdpファイルの場合、パスワードをハッシュ化(それも各環境ごとに)する必要があるので、共有サーバ上に放置とか出来ないし。)
セキュリティ上よろしくないのはあるけれど、ただの検証機であればこういうのを用意するのもいいと思う。(DBにアクセス可能なサーバへはやめといた方が良いと思うけど。)

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。