cpやdd実行時のファイルの読み取り・書き込み進捗を確認出来る『showspeed』
Pocket

以前、cpやmvの進捗状況を確認出来る『cv』コマンドを紹介したが、今回はそれによく似たコマンド『showspeed』を紹介する。
cvコマンドとの違いは、『showspeed』はプロセスの読み取りと書き込みの速度を確認することが出来る点だ。

今回は、CentOS 7でこのコマンドをインストール、動作をさせてみる。

1.前提パッケージのインストール

まず、以下のコマンドで『showspeed』の前提パッケージをインストールする。

yum install libaio libaio-devel perl-Data-Dumper

 

2.『showspeed』のインストール

前提となるパッケージをインストールできたら、次は『showspeed』のインストールを行う。
以下のコマンドを実行する。

git clone https://github.com/jnweiger/showspeed
cd showspeed
cp ./showspeed.pl /usr/bin/showspeed

 

これで、『showspeed』のインストールは完了した。

Sponsored Links

3.『showspeed』を実行する

それでは、実際に『showspeed』を実行してみよう。
『showspeed』は、以下のようにコマンドを実行する。

showspeed 実行しているコマンド

 

cpコマンドで適当なファイルをコピーし、cpコマンドでの読み取り、書き込みをモニタリングした結果が以下。

20150711_000039

[root@test-centos7 showspeed]# cp /tmp/test6 /tmp/test7 &
[1] 5513
[root@test-centos7 showspeed]# showspeed cp
cp looks like a process name. pid=5513 matches av0=cp.
p/5513/fd/3r /tmp/test6  25MB/s (29%, 299MB)  0m:29
p/5513/fd/4w /tmp/test7  22MB/s (331MB)
p/5513/fd/3r /tmp/test6  13MB/s (34%, 351MB)  0m:53
p/5513/fd/4w /tmp/test7  66MB/s (450MB)
p/5513/fd/3r /tmp/test6  48MB/s (51%, 0.5GB)  0m:29
p/5513/fd/3r /tmp/test6 2.6MB/s (51%, 0.5GB)  0m:34
p/5513/fd/3r /tmp/test6  45MB/s (58%, 0.6GB)  0m:23
p/5513/fd/3r /tmp/test6  54MB/s (66%, 0.7GB)  0m:15
p/5513/fd/3r /tmp/test6  28MB/s (70%, 0.7GB)  0m:13
p/5513/fd/3r /tmp/test6  19MB/s (73%, 0.7GB)  0m:12
p/5513/fd/3r /tmp/test6  76MB/s (84%, 0.9GB)  0m:06
p/5513/fd/3r /tmp/test6  32MB/s (88%, 0.9GB)  0m:04
p/5513/fd/3r /tmp/test6 2.4MB/s (89%, 0.9GB)  0m:04
p/5513/fd/3r /tmp/test6  56MB/s (97%, 1.0GB)  0m:01
[1]+  終了                  cp -i /tmp/test6 /tmp/test7
[root@test-centos7 showspeed]#

 

確かに、ファイルコピー時の読み取り・書き込みの確認を行う事が出来た。

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。