ncコマンドを使って、ミドルウェアのインストール前に疎通確認を行えるようにする
Pocket

Linuxサーバで、ミドルウェアインストール前にネットワークの疎通確認を行う場合、ncコマンドが入っていれば簡易的なTCP/UDPサーバを立ち上げてポートを開けて確認を行う事が出来る。

TCPの場合は、待受側で以下のようにコマンドを実行する。

nc -vkl ポート番号
Sponsored Links

UDPの場合、keepaliveオプションが無いため、catを使って無理やり受信を続けさせる。
そのため、待受側では以下のようにコマンドを実行する。

nc -e /bin/cat -kuvl ポート番号

 

これで簡易TCP/UDPサーバが出来上がった。
送信側は、echoと組み合わせ文字列を送信させる事でテスト出来る。

echo "test" | nc IPアドレス ポート番号 #TCP側テスト
echo "test" | nc -u IPアドレス ポート番号 #UDP側テスト
Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。