PowerShellでリストボックスを使ったリモートデスクトップ(RDP)自動接続スクリプト
Pocket

今までに、SSHでの選択型の自動ログインについてはTeratermマクロPythonのスクリプトを作ってみたりしたが、そういえばRDPの接続ではやってないなぁ…
と思ったので、簡素なものではあるがPowerShellで作ってみた。

まぁ、転職するので今後Windowsサーバを仕事で使うことがあるのやら不明だけど。
次のクライアントMacだし。

作りは、ホストのIPアドレスやらユーザ、パスワードを記述した「host.list」とスクリプト本体である「RDP_CONNECT.ps1」の2つ。
同じディレクトリ配下においておく。

1.host.list

「host.list」については、今まで書いたTeratermマクロなどと同じく、以下のようにカンマ区切りで作成している。
Azureなどへの接続でポート番号を指定する必要がある場合は、IPアドレスの後ろに普通に記述する。

●host.list

# HOST_NAME, HOST_IP, HOST_USER, HOST_PASS
テスト1,172.28.0.1,test,test
テスト2,172.28.0.2,test,test
テスト3,172.28.0.3,test,test
テスト4,172.28.0.4:4444,test,test
テスト5,172.28.0.5,test,test
テスト6,172.28.0.6:6666,test,test
テスト7,172.28.0.7,test,test
Sponsored Links

2.RDP_CONNECT.ps1

スクリプト本体。
リストボックスの作成部分についてはこちらを参考に、RDPの接続部分についてはこれをまんま使った。

●RDP_CONNECT.ps1

################
# - Function - #
################
function ListBox($FOREACH_HOST_LIST)
{
    [void] [System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("System.Windows.Forms")
    [void] [System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("System.Drawing") 

    $objForm = New-Object System.Windows.Forms.Form
    $objForm.Text = "RDP自動接続"
    $objForm.Size = New-Object System.Drawing.Size(300,200)
    $objForm.StartPosition = "CenterScreen"

    $objForm.KeyPreview = $True
    $objForm.Add_KeyDown({if ($_.KeyCode -eq "Enter")
        {$x=$objListBox.SelectedIndex;$objForm.Close()}})
    $objForm.Add_KeyDown({if ($_.KeyCode -eq "Escape")
        {$objForm.Close()}})

    $OKButton = New-Object System.Windows.Forms.Button
    $OKButton.Location = New-Object System.Drawing.Size(75,120)
    $OKButton.Size = New-Object System.Drawing.Size(75,23)
    $OKButton.Text = "OK"
    $OKButton.Add_Click({$x=$objListBox.SelectedIndex;$objForm.Close()})
    $objForm.Controls.Add($OKButton)

    $CancelButton = New-Object System.Windows.Forms.Button
    $CancelButton.Location = New-Object System.Drawing.Size(150,120)
    $CancelButton.Size = New-Object System.Drawing.Size(75,23)
    $CancelButton.Text = "Cancel"
    $CancelButton.Add_Click({$objForm.Close()})
    $objForm.Controls.Add($CancelButton)

    $objLabel = New-Object System.Windows.Forms.Label
    $objLabel.Location = New-Object System.Drawing.Size(10,20)
    $objLabel.Size = New-Object System.Drawing.Size(280,20)
    $objLabel.Text = "接続先のコンピュータを選択してください:"
    $objForm.Controls.Add($objLabel) 

    $objListBox = New-Object System.Windows.Forms.ListBox
    $objListBox.Location = New-Object System.Drawing.Size(10,40)
    $objListBox.Size = New-Object System.Drawing.Size(260,20)
    $objListBox.Height = 80

    Foreach($i in $FOREACH_HOST_LIST) {
        [void] $objListBox.Items.Add($i)
        }

    $objForm.Controls.Add($objListBox)
    $objForm.Topmost = $True
    $objForm.Add_Shown({$objForm.Activate()})
    [void] $objForm.ShowDialog()

    $x
    }

function RDPConnect($CONNECT_IP, $CONNECT_USER, $CONNECT_PASS)
{
    # Cmdkey用に、接続先情報にポート番号が指定されている場合は除外する
    $CMDKEY_CONNECT_IP = $CONNECT_IP | %{ $_.Split(":")[0]}

    Cmdkey.exe /generic:TERMSRV/"$CMDKEY_CONNECT_IP" /user:"$CONNECT_USER" /pass:"$CONNECT_PASS"
    Start mstsc /v:$CONNECT_IP
    Timeout 5
    Cmdkey.exe /delete:TERMSRV/$CMDKEY_CONNECT_IP
}

############
# - Main - #
############

# 『host.list』PATH取得
$SCRIPT_PATH = Split-Path $myInvocation.MyCommand.path
$LIST_FILE = Join-Path $SCRIPT_PATH "host.list"

# 空配列の作成
$HOST_NAME_LIST = @()
$HOST_IP_LIST   = @()
$HOST_USER_LIST = @()
$HOST_PASS_LIST = @()

# 『host.list』読込み
Foreach ($i in Get-Content $LIST_FILE) {
    # 空行・コメント行を無視する
    If (($i -eq "") -Or ($i.substring(0,1) -eq "#")) {
        Continue
        }

    # 変数へ代入
    $HOST_NAME      = $i | %{ $_.Split(",")[0]}
    $HOST_IP        = $i | %{ $_.Split(",")[1]}
    $HOST_USER      = $i | %{ $_.Split(",")[2]}
    $HOST_PASS      = $i | %{ $_.Split(",")[3]}

    # 配列へ代入
    $HOST_NAME_LIST = $HOST_NAME_LIST + $HOST_NAME
    $HOST_IP_LIST   = $HOST_IP_LIST + $HOST_IP
    $HOST_USER_LIST = $HOST_USER_LIST + $HOST_USER
    $HOST_PASS_LIST = $HOST_PASS_LIST + $HOST_PASS
    }

# リストボックスを呼び出し、SeletedIndexを取得する
$SELECT_INDEX_NO = ListBox($HOST_NAME_LIST)

# 何も選択しなかった場合は処理を終了する
If ($SELECT_INDEX_NO -eq $null) {
    exit
    }

# RDP接続を行う
RDPConnect $HOST_IP_LIST[$SELECT_INDEX_NO] `
           $HOST_USER_LIST[$SELECT_INDEX_NO] `
           $HOST_PASS_LIST[$SELECT_INDEX_NO]

 

念のため、ファイルはここにあげておいた。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。