コンソール上で使用する計算用コマンド『wcalc』を入れてみた
Pocket

コンソール上で色々な計算が出来る『wcalc』というコマンドがあるようなので、実際に入れてみる事にした。
試した環境は、Ubuntu 14.04 LTSだ。

1.インストール

まずはインストール。
以下のコマンドで行う。

apt-get install wcalc

 

2.コマンドを使ってみる

さて、それでは実際にコマンドを使ってみよう。
wclacでは、普通に計算式を打つことで、その解答を得る事が出来る。例えば、以下のように数式を実行してみる。

wcalc '(1+2+3+4+5+10)/(1112-41431)'

20160124_000000

blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ wcalc '(1+2+3+4+5+10)/(1112-41431)'
 = -0.000620055
Sponsored Links

対話形式で計算結果を取得することも可能だ。
その際、変数にその値を導入させることもできる。

20160124_000001

blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ wcalc
Enter an expression to evaluate, q to quit, or ? for help:
-> 1112+453
 = 1565
-> a
 = 1565
-> a*442
 = 691730
-> quit
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ wcalc
Enter an expression to evaluate, q to quit, or ? for help:
-> abc=12345
abc = 12345
-> def=abc/12
def = 1028.75
-> aaa=(sin(def))/pi
aaa = -0.248245
-> quit

 

その他、2進数(バイナリ値)や10進数、16進数変換を行う事も出来る。

20160124_000002

blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ # 10進数→16進数
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ echo 1123 | wcalc -h
 = 0x463
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ # 10進数→2進数
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ echo 334 | wcalc -b
 = 0b101001110
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ # 16進数→2進数
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ echo 0x1f | wcalc -b
 = 0b11111
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ # 16進数→10進数
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ echo 0x1c | wcalc -d
 = 28
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ # 2進数→16進数
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ echo 0b1101111 | wcalc -h
 = 0x6f
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ # 2進数→10進数
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ echo 0b1101111 | wcalc -d
 = 111

 

もしコンソール上で計算することが多いならば、入れてみても良いのではないだろうか。

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。