CentOS7でZabbix2.2から3.0へUpgradeする
Pocket

さて、先日インストールしたZabbix2.2だが、せっかくなので3.0へアップグレードしてみようと思う。
(厳密には、入れなおしといった方が正しい気がするけど)

まず、以下のコマンドで現在のZabbixのバージョンを確認する。

rpm -qa | grep zabbix
[root@BS-PUB-MONITOR-01 ~]# rpm -qa | grep zabbix
zabbix22-2.2.11-1.el7.x86_64
zabbix22-server-mysql-2.2.11-1.el7.x86_64
zabbix22-web-2.2.11-1.el7.noarch
zabbix22-dbfiles-mysql-2.2.11-1.el7.noarch
zabbix22-server-2.2.11-1.el7.noarch
zabbix22-web-pgsql-2.2.11-1.el7.noarch
zabbix22-agent-2.2.11-1.el7.x86_64

 

確かにzabbixのバージョンが2.2であることを確認したら、Zabbixを停止し現時点のバックアップを取得する。

systemctl stop zabbix-server
cp -ar /usr/share/zabbix/ /var/tmp/zabbix_web
cp -ar /etc/zabbix/ /var/tmp/zabbix_etc
mysqldump -u root -p -x --all-databases > /var/tmp/zabbix_web.sql

 

次に、zabbix22に関連するrpmパッケージを全てアンインストールする。

yum erase zabbix22
rpm -qa | grep zabbix22 |xargs -n 1 rpm -e
rpm -qa | grep zabbix
Sponsored Links

アンインストール後、以下のコマンドでZabbix 3.0のリポジトリをインストールし、Zabbix3.0のインストールを行う。

rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm
yum update
yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese zabbix-agent

 

これで、zabbix 3.0がインストールできた。

rpm -qa | grep zabbix
[root@BS-PUB-MONITOR-01 ~]# rpm -qa | grep zabbix
zabbix-release-3.0-1.el7.noarch

 

設定ファイルを編集し、DBパスワード等を記述し、zabbixのサービスを起動、自動起動設定を行う。
※設定ファイルをそのままcp等で戻すとエラーになるので注意

systemctl restart zabbix-server
systemctl restart zabbix-agent

 

しばらくしたら、Zabbix 3.0にアップグレードされている事が確認出来る。

Screenshot_from_2016-03-06 20:07:00

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。