Linuxコンソール上でGUIでアスキーアートをかける『aewan』
Pocket

なんとなしにネットサーフィンをしていた所、Linuxコンソール上でGUIでアスキーアートを描く事が出来る『aewan』コマンドというものを見かけたので、試しに使ってみる事にする。
なお、インストール先はUbuntu Server 14.04 LTSとする。

1.インストール

まずはインストールから。
以下のコマンドをコンソール上で実行する。

sudo apt-get install aewan
Sponsored Links

2.新規作成

それでは、実際に新規でアスキーアートを作ってみよう。
コンソール上で、以下のようにコマンドを実行する。

aewan

20160320_000001

 

コマンドを実行すると上のような画面が表示されるので、「F1」キーを2回ほど押下し、「[F1] File」 > 「New」で新規のアスキーアートを作成する。
そのままだと何も書けないので、「[F3] Layer」 > 「Add layer」で新しいレイヤーを追加する。

20160320_000002

 

後は、新しく追加されたレイヤーで十字キー+キーボードでアスキーアートを書いていけば良い。
なお、入力できる色は「[F2] Edit」 > 「Drawing Color」で自由に選択できる。

20160320_000004

 

レイヤーのサイズを変更する場合は、「[F3] Layer」 > 「Resize layer」で行える。

20160320_000006

 

3.保存

さて、一通り書き終わったら「[F1] File」 > 「Save」で保存をする。

20160320_000008

 

保存後、そのままだとcatで開くことは出来ない。
ひとまず、aewan用のビューアーである「aecat」コマンドで開いて、それをリダイレクトで書き出す事でcatでも開くことが出来るようになる。

20160320_000009

 

結構簡単にコンソール上でアスキーアートを描く事が出来る。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。