Proxmox VE 4.1でHyperVのディスクイメージ(.vhd)をインポートする
Pocket

Proxmox VE 4.1でHyperVのディスクイメージを利用する場合、KVMで利用できるような形式に変換する必要がある。

1.仮想マシンの作成

まず、こちらを参考にKVMのディスクイメージを利用する仮想マシンを作成する。
作成時、今回の場合はディスクイメージタイプはraw、ディスクイメージは出来れば後ほどアップロードするimgファイルと同じ容量で作成を進める。
※ディスクイメージタイプ・容量が違う場合、仮想マシンの設定ファイル(/etc/pve/nodes/仮想ホスト名/qemu-server/仮想マシンID.conf)を直接いじって、ディスク容量をいじってやらないといけない。

Sponsored Links

2.ディスクイメージのアップロード

ディスクイメージ(.vhdファイル)をscp経由などでアップロードし、対象の仮想マシンのイメージ格納ディレクトリ(デフォルトでは「/var/lib/vz/images/仮想マシンID/」)に移動する。
ファイル移動後、以下のコマンドを実行しvhdファイルをqcow2形式に変換する。

qemu-img convert [vhdファイルPATH] -O qcow2 [qcpw2ファイルPATH(出力先)]

 

新しいディスクイメージファイルが出来上がったら、既存のディスクイメージ(vm-仮想マシンID-disk-1.raw)と置き換える。

 

3.仮想マシンの起動

ディスクイメージの置き換えが終わったら、後はWebコンソール上から仮想マシンを起動するだけだ。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。