Linuxのdiffコマンドで覚えておきたい使い方9個
Pocket

diffコマンドといえば、ファイルの差分を確認する際に良く利用するコマンドだ。
今回は、このdiffコマンドについて覚えておきたい使い方について紹介する。

1.基本的な使い方

基本的には、以下のようにコマンドを実行することで、ファイルの差異を確認する。

diff /tmp/test /tmp/test.nl
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# cat /tmp/test
aaaaa
v4vvv
ccccc
ddddd
ee2ee
fffff
ggggg

[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# cat /tmp/test.nl
aaaaa
vvvvv
ccccc
ddddd
eeeee
fffff
ggggg

[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff /tmp/test /tmp/test.nl
2c2
< v4vvv --- > vvvvv
5c5
< ee2ee --- > eeeee

 

2.差異があるか・無いかを出力する

ファイルのどの行に差異があるのかは出力せず、ただ差異のある旨を知りたい場合は、「-q」オプションを、差異がない場合にその旨を出力させる場合は「-s」オプションを用いると良いだろう。

[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# cat /tmp/test
aaaaa
v4vvv
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# cat /tmp/test.nl
aaaaa
vvvvv
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# cat /tmp/test.bk
aaaaa
v4vvv
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff -q /tmp/test /tmp/test.nl
ファイル /tmp/test と /tmp/test.nl は異なります
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff -q /tmp/test /tmp/test.bk
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]#
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff -s /tmp/test /tmp/test.nl
2c2
< v4vvv --- > vvvvv
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff -s /tmp/test /tmp/test.bk
ファイル /tmp/test と /tmp/test.bk は同一です

 

3.2列表示にする

出力を2列表示にしたい場合は、「-y」オプションを用いる。

diff -y ファイル1 ファイル2
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff /tmp/test /tmp/test.nl
2c2
< v4vvv --- > vvvvv
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff /tmp/test /tmp/test.bk
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]#
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff -y /tmp/test /tmp/test.nl
aaaaa                                                           aaaaa
v4vvv                                                         | vvvvv
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff -y /tmp/test /tmp/test.bk
aaaaa                                                           aaaaa
v4vvv                                                           v4vvv

 

4.context/unified形式で出力する

context/unified形式で差分を出力したい場合は、「-c」オプション(context形式)、「-u」オプション(unified形式)を付与すると良いだろう。

[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff -c /tmp/test /tmp/test.nl
*** /tmp/test   2016-04-03 19:12:36.446000000 +0900
--- /tmp/test.nl        2016-04-03 19:12:45.302000000 +0900
***************
*** 1,2 ****
  aaaaa
! v4vvv
--- 1,2 ----
  aaaaa
! vvvvv
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff -u /tmp/test /tmp/test.nl
--- /tmp/test   2016-04-03 19:12:36.446000000 +0900
+++ /tmp/test.nl        2016-04-03 19:12:45.302000000 +0900
@@ -1,2 +1,2 @@
 aaaaa
-v4vvv
+vvvvv
Sponsored Links

5.ディレクトリの差分を確認する

diffでは、ディレクトリを指定してその差分を確認する事も出来る。

[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff /tmp /tmp2
共通のサブディレクトリー: /tmp/.ICE-unix と /tmp2/.ICE-unix
共通のサブディレクトリー: /tmp/.Test-unix と /tmp2/.Test-unix
共通のサブディレクトリー: /tmp/.X11-unix と /tmp2/.X11-unix
共通のサブディレクトリー: /tmp/.XIM-unix と /tmp2/.XIM-unix
共通のサブディレクトリー: /tmp/.font-unix と /tmp2/.font-unix
/tmp のみに存在: abc
diff /tmp/test /tmp2/test
1c1
< aaaa3 --- > aaaaa
diff /tmp/test.bk /tmp2/test.bk
1c1
< aaaa3 --- > aaaaa

 

サブディレクトリ配下も再帰的に差分確認したい場合は、「-r」オプションを付与する。

[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff -r /tmp /tmp2
diff -r /tmp/.Test-unix/aaaa /tmp2/.Test-unix/aaaa
1c1
< aaa` --- > aaaaa
/tmp のみに存在: abc
diff -r /tmp/test /tmp2/test
1c1
< aaaa3 --- > aaaaa
diff -r /tmp/test.bk /tmp2/test.bk
1c1
< aaaa3 --- > aaaaa

 

6.ファイルの比較時に大文字・小文字の違いや行末スペースを無視する

ファイル比較時に、大文字・小文字の違いや行末スペースを無視したい場合は、以下のようなオプションを付与する。

  • -i … 大文字・小文字の差異を無視する
  • -E … タブ展開で発生する差異を無視する
  • -Z … 行末のスペースを無視する
  • -b … スペース数の違いを無視する
  • -w … 全てのスペースを無視する
  • -B … 空白行(^$)を無視する
  • -I=RE … REで指定(正規表現指定)した差異を無視する

 

[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# cat /tmp/test
aaaa3
v4vvv
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# cat /tmp/test.bk
aaaa3

v4vvv
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff /tmp/test /tmp/test.bk
1a2
>
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff -B /tmp/test /tmp/test.bk
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]#
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# cat /tmp/test
aaaa3
v4vvv
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# cat /tmp/test.bk2
aaaa3
123
v4vvv
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff /tmp/test /tmp/test.bk2
1a2
> 123
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff -I=*123* /tmp/test /tmp/test.bk2
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]#

 

7.色付きで表示させる

差分を色付きで表示させる場合、標準のdiffだとgroup-formatオプションを指定してあげる必要がある。
以下、例。(共通行:黄色、旧ファイル行:赤、新ファイル行:青)

diff --old-group-format=$'\e[0;31m%<\e[0m' \      --new-group-format=$'\e[0;36m%>\e[0m' \
     --unchanged-group-format=$'\e[0;33m%=\e[0m' \
     ファイル1 ファイル2

20160403_000005

 

そらで打つのは難しい(+面倒)だと思うので、基本的にはこちらでも紹介したcolordiffやdiffcを利用した方が良いだろう。

 

8.ssh越しにdiffを行う

ssh越しに、別のサーバ上にあるファイルとdiffを行う場合は、以下のように行う。

ssh ユーザ名@ホスト名 "cat リモート側のファイルパス" | diff - ローカル側のファイルパス

 

9.コマンドの出力結果でdiffを行う

任意のコマンドの出力結果でdiffを行う場合は、以下のようにする。

diff <(コマンド1) <(コマンド2)
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# cat /tmp/test123
123
456
789
1aa
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# cat /tmp/test123_
456
789
123
456
1ab
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff /tmp/test123 /tmp/test123_
1d0
< 123
4c3,5
< 1aa --- > 123
> 456
> 1ab
[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# diff <(sort /tmp/test123) <(sort /tmp/test123_)
2c2,3
< 1aa --- > 1ab
> 456

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。