Maxscale のRead Write Splittingでマスターも読み込みに利用する

MaxscaleのRead Write Splittingでは、通常ではマスターは書き込みのみが割り当てられ、通常のSELECT文は割り振られないようになっている。
これを、マスターにもSELECT文を割り当てたい場合は、以下の設定値を「/etc/maxscale.cnf」に追記する。

master_accept_reads=true
Sponsored Links

これで、SELECT文もマスターに割り当てられるようになるだろう。

【参考】

https://mariadb.com/kb/en/mariadb-enterprise/mariadb-maxscale/readwritesplit/

 


Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*