Firewallに特化したOS「Untangle」をインストールする
Pocket

今回は、「Untangle」というLinuxベースのファイアウォール用OSをインストールしてみる。
比較的軽量、かつWebコンソール経由での管理・運用ができるのが特徴らしい。こちらにデモもあるので、最初に触ってみると良いだろう。

なお、実際にファイアウォールのポリシー等を設定する場合、Untangle.comへのアカウント登録(無料)が必要になる。

1.インストール

まず、こちらからISOファイルをダウンロードしておく。
その後、ISOファイルをそのまま使うなり、ディスクに焼くなりしてインストールできる状態にしておく。

で、そのままインストール対象のマシンに入れてブート。
今回は「Graphical Install」でインストールをすすめる。

20160513_194843000000

 

あとは、そのまま該当する選択肢を選んでいくだけだ。

 

20160514_102951000000

20160514_103009000000

20160514_103019000000

20160514_103356000000

20160514_103409000000

20160514_103424000000

20160514_105752000000

 

これでインストールが完了した。

Sponsored Links

2.初期設定

次に初期設定を行う。
インストーラーでそのまま次に進むと再起動されてブラウザで設定画面を自動的に表示させるので、そこから初期設定が行える。

20160514_105805000000

20160514_105848000000

20160514_110129000000

20160514_110640000000

20160514_111608000000

20160514_111632000000

20160514_112558000000

20160514_112653000000

20160514_112758000000

20160514_112802000000

20160514_112841000000

 

これでインストール後の初期設定が完了した。
あとは、先ほど設定した内側のインターフェイスにブラウザからアクセスすれば良い。

 

3.Webコンソールに接続する

先ほど設定したIPアドレスに、実際にWebブラウザからアクセスしてみよう。

20160514_112926000000

 

ログイン直後の画面。
Untangleのアカウントがないと何もできないこともあって、即座にアカウントを要求してくる。

20160514_114834000000

 

Dashboard画面。
同じFirewall用OSであるpfSenseに比べると比較的きれいな見た目だ。

20160514_114843000000

 

ポリシーなどを定義する場合は、Appsから設定する。

20160514_115442000000

 

結構悪くないと思う。
インストーラーでテキストインストールを用いればAPU1Dとかにもインストールできるだろうし、pfSenseと比較して使いやすい方を選択すると良いだろう。

ただまぁ、アカウントないとダメってのはちょっと面倒かも…

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。