Ubuntu 14.04にOpenSourceのEvernoteライクなテキスト管理ツール『Paperwork』をインストールしてみる
Pocket

DropBoxライクな環境を自前で構築するミドルウェアといえばOwnCloudが有名だが、今回インストールする『Paperwork』はEvernoteライクな環境を自前で構築できるミドルウェアだ。
残念ながら、現時点ではまだiPhoneなどのクライアントは作成されていないようだが、webブラウザから編集するくらいなら問題なく利用できる。一応、こちらにデモがある(ID/PW: cloudron/cloudron)。

今回は、この『Paperwork』をUbuntu 14.04 LTSにインストールする。

1.Paperworkのインストール

前提となるパッケージを以下のコマンドでインストールする。

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y mysql-server php5-mysql nginx php5-fpm curl wget git php5-cli php5-gd php5-mcrypt nodejs nodejs-legacy

 

phpの設定ファイルに追記をする。

sudo sh -c 'echo "extension=mcrypt.so" >> /etc/php5/fpm/php.ini'
sudo sh -c 'echo "extension=mcrypt.so" >> /etc/php5/cli/php.ini'

 

composerをインストールする。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

 

ディレクトリを作成し、Paperworkをダウンロード、インストールを行う。

sudo mkdir /var/www/
cd /var/www/
sudo git clone https://github.com/twostairs/paperwork.git
cd ./paperwork/frontend/
sudo composer install

 

インストールしたmysqlに接続し、以下のSQLを実行する。

DROP DATABASE IF EXISTS paperwork;
CREATE DATABASE IF NOT EXISTS paperwork DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci;
GRANT ALL PRIVILEGES ON paperwork.* TO 'paperwork'@'localhost' IDENTIFIED BY 'paperwork' WITH GRANT OPTION;
FLUSH PRIVILEGES;
quit
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ mysql -u root -p -h 127.0.0.1
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 45
Server version: 5.5.49-0ubuntu0.14.04.1 (Ubuntu)

Copyright (c) 2000, 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> DROP DATABASE IF EXISTS paperwork;
Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.00 sec)

mysql> CREATE DATABASE IF NOT EXISTS paperwork DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON paperwork.* TO 'paperwork'@'localhost' IDENTIFIED BY 'paperwork' WITH GRANT OPTION;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> quit
Bye

 

スキーマを用いてデータベースの設定を行う。

cd /var/www/paperwork/frontend/
sudo php artisan migrate
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ cd /var/www/paperwork/frontend/
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:/var/www/paperwork/frontend$ sudo php artisan migrate
[sudo] password for blacknon:
**************************************
*     Application In Production!     *
**************************************

Do you really wish to run this command? yes
Migration table created successfully.
Migrated: 2014_07_22_194050_initialize
Migrated: 2014_07_24_103915_create_password_reminders_table
Migrated: 2014_10_08_203732_add_visibility_to_tags_table
Migrated: 2015_01_21_034728_add_admin_to_users
Migrated: 2015_05_05_094021_modify_tag_user_relation
Migrated: 2015_05_22_220540_add_version_user_relation
Migrated: 2015_06_15_224221_add_tag_parent
Migrated: 2015_06_30_125536_add_sessions_table
Migrated: 2015_07_29_130508_alter_versions

 

ディレクトリの権限を変更する。

sudo chown www-data:www-data -R /var/www/

 

Nginxの設定ファイル「/etc/nginx/sites-available/default」を作りなおす。

sudo mv /etc/nginx/sites-available/default{,.bk}
sudo sh -c "cat <<EOF > /etc/nginx/sites-available/default
server {
        listen   80;
        # listen 443 ssl;

        root /var/www/paperwork/frontend/public;
        index index.php index.html index.htm;

        server_name example.com;

        # server_name example.com;
        # ssl_certificate /etc/nginx/ssl/server.crt;
        # ssl_certificate_key /etc/nginx/ssl/server.key;

        location / {
                try_files $uri $uri/ /index.php;
        }

        error_page 404 /404.html;

        error_page 500 502 503 504 /50x.html;
        location = /50x.html {
              root /usr/share/nginx/www;
        }

        # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on the php-fpm socket
        location ~ \.php$ {
                try_files $uri =404;
                fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
                fastcgi_index index.php;
                fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
                include fastcgi_params;

        }

}
EOF"

 

npm等のインストールを行う。

sudo wget https://www.npmjs.org/install.sh
sudo bash ./install.sh
sudo npm install -g gulp bower
sudo npm install
sudo bower install --allow-root
sudo gulp

 

すべての作業が終わったら、一度OSを再起動する。
Nginxとphpをサービス起動して、インストールは完了。

sudo service nginx start
sudo service php5-fpm restart

 

念のため、自動起動設定もしておく。

sudo apt-get install sysv-rc-conf
sudo sysv-rc-conf nginx on
sudo sysv-rc-conf php5-fpm on
Sponsored Links

2.Webブラウザからアクセスする

インストール作業が終わったら、Webブラウザからアクセスする。

20160605_154110000000

 

DBへの接続情報を記述する。
記述後、(ちょっと見えにくいけど)「Check Connection ~」のボタンを押下して接続確認を行う。

20160605_165245000000

 

接続に問題がなければ、管理者アカウントの作成を行う。

20160605_165310000000

 

無事完了。

20160605_165315000000

 

自動でログイン画面に遷移する。

20160605_165326000000

 

これで無事インストールができた。
iOSとかWindows用のクライアントがあるとなお良いが、それはまた先だろうか。

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。