motd用のテキスト生成ツール『FireMotD』

以前、motdの内容を動的に変更させる方法について記述したことがあったが、その際に使えそうな『FireMotD』というものを見かけた。

1.インストール

まずはインストールから。
以下のコマンドで、前提となるパッケージを導入する。

●CentOSなどRHEL系

sudo yum install openssh-clients bc sysstat mpstat

 

●Debian/Ubuntu系

sudo apt-get install bc sysstat mpstat

 

前提となるパッケージを入れたら、以下のコマンドで『FireMotD』をインストールする。

git clone https://github.com/willemdh/FireMotD
cd FireMotD
sudo make install

 

これでFireMotDがインストールできた。

Sponsored Links

2.使ってみる

さて、インストールができたので実際に利用してみよう。
FireMotDは、基本的には以下のようにコマンドを実行する。

FireMotD -t テーマカラー

20160714_093829000000

 

あとは、定期的にこのコマンドを実行させて「/etc/motd」を書き換えさせるなどすればよい。


Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。

This article has 1 comments

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*