『vlock』でLinuxの仮想コンソールを一時的にロックする

仕事でLinuxにsshや仮想コンソールでつなげていると、一時的に席を外す際にコンソールをロックしたい時がある。
そんなときは、screenやtmuxを使うのもいいけど、昔からあるという「vlock」コマンドで単にロックするという方法もある。

基本的には最初からインストールされていると思うけど、入ってない場合は以下のコマンドでインストールできる。

yum install vlock
sudo apt-get install vlock
Sponsored Links

インストール後、普通にオプションなしでコマンドを実行することで、そのコンソールがロックされる。
デフォルトでは、そのユーザのパスワードを入力することでロックを解除することができる。

20160808_073749000000

 

そのほか、以下のようにオプションを組み合わせて利用することも可能だ。
(CentOS 7での確認)

  • -c … カレントの仮想コンソールのみロックする(デフォルトの動作。sshでも利用可能)
  • -a … すべての仮想コンソールをロックする(sshでは利用不可)

 

今時、あまりサーバルームで直接モニタつなげて操作するということもないと思うけど、もしかしたら役に立つときがくる…のかなぁ…。
内部のネットワークにつなげてない仮想マシンを、ProxmoxやESXiの仮想コンソールで操作するときとか…?


Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*