cpやmvコマンドに『advcpmv』パッチを適用してプログレスバーによる進捗表示をさせる
Pocket

以前にもこちらで触れたことがあるのだが、有志の作成した『advcpmv』というパッチをcp、mvファイルに適用することで、コマンド実行時にプログレスバーを表示させることができるようになる。
パッチは、以下の方法で当てることができる。

wget http://ftp.gnu.org/gnu/coreutils/coreutils-8.21.tar.xz
tar xvJf coreutils-8.21.tar.xz
cd coreutils-8.21/
wget https://raw.githubusercontent.com/atdt/advcpmv/master/advcpmv-0.5-8.21.patch
patch -p1 -i advcpmv-0.5-8.21.patch
./configure
make
Sponsored Links

コンパイル完了後、既存のコマンドと置き換える。

sudo cp src/cp /usr/local/bin/cp
sudo cp src/mv /usr/local/bin/mv
alias cp='/usr/local/bin/cp -g'
alias mv='/usr/local/bin/mv -g'

 

あとは、ふつうにcp、mvコマンドとして利用すればよい。

20160906_085143000000

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。