Linuxコンソール上で使えるバイナリエディタ「hexedit」

LinuxでCLIで使えるバイナリエディタを調べてたら、「hexedit」が結構使い勝手が良かったので忘れないように残しておく。
インストールは以下のコマンドで行える。

yum install hexedit #CentOS などRHEL系の場合
apt-get install hexedit # Debian/Ubuntu系の場合
Sponsored Links

インストールした後は、以下のコマンドでバイナリを編集できる。

hexedit バイナリファイル

20160911_172157000000

 

編集時の操作としては、とりあえず以下のショートカットキーを覚えておけば問題ないだろう。

  • F1 … ヘルプ
  • F2 … 保存
  • / … 検索
  • Ctrl + X … 保存して終了
  • Ctrl + C … 保存せずに終了

 

なんとなく、エディタとしてはvimとかよりnanoに似た操作感がある。
ちょっとバイナリをいじりたい、といったときには便利な感じだ。


Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*