ネットワーク機器のコンフィグバックアップツール『Oxidized』でNW機器のコンフィグをGitlab連携する
Pocket

ネットワーク機器のコンフィグバックアップを自動化するツールといえば、前に紹介したrancidrConfigらへんがあるのだが、rancidに影響を受けたツールで『Oxidized』というツールを見かけたので、ちょっと触ってみることにした。
サポートしているNW機器のOSは結構多くて、CiscoのIOSやJuniperのJunOS・ScreenOSはもちろんのこと、VyattaとかRouterOS、FortiOSとかもあるようだ(NetGearェ…)。
Webクライアントもあり、かつ履歴管理はGitで行えるようなので結構便利そう。

今回は、このツールをCentOS 7に入れてみる。

1.インストール

まず、前提パッケージのインストールを行う。

yum install -y cmake sqlite-devel openssl-devel libssh2-devel ruby gcc ruby-devel git

 

Rubyのインストールができたら、gemでOxidizedのインストールを行う。

gem install oxidized --source http://rubygems.org
gem install oxidized-script oxidized-web --source http://rubygems.org

 

これでインストール完了。

Sponsored Links

2.『Oxidized』の設定

さて、それでは設定を行っていこう。
まず、プロセス実行ユーザとして「oxidized」ユーザを作成、スイッチしよう。

useradd oxidized -d /opt/oxidized
su - oxidized

 

次に、oxidizedコマンドを実行してやる。
コマンドを実行すると、デフォルトの設定ファイルとして「~/.config/oxidized/config」というテンプレートファイルが作成される。

oxidized
[oxidized@BS-PUB-CENT7-01 ~]$ oxidized
edit ~/.config/oxidized/config
/usr/local/share/gems/gems/oxidized-0.18.0/lib/oxidized/config.rb:53:in `load': edit ~/.config/oxidized/config (Oxidized::NoConfig)
        from /usr/local/share/gems/gems/oxidized-0.18.0/lib/oxidized/cli.rb:24:in `initialize'
        from /usr/local/share/gems/gems/oxidized-0.18.0/bin/oxidized:9:in `new'
        from /usr/local/share/gems/gems/oxidized-0.18.0/bin/oxidized:9:in `'
        from /usr/local/bin/oxidized:23:in `load'
        from /usr/local/bin/oxidized:23:in `'
[oxidized@BS-PUB-CENT7-01 ~]$ ls -la ~/.config/oxidized/config
-rw-rw-r--. 1 oxidized oxidized 418 10月 15 15:56 /opt/oxidized/.config/oxidized/config

 

設定ファイルのテンプレートができたら、一応バックアップだけ取って以下のように編集してしまおう。
今回は、各ノードのコンフィグはすべてgitで差分を管理し、かつその情報をローカルネットワーク内にいるGitlabに連携させるようにする。
なお、以下の例ではインターバル(コンフィグの確認間隔(interval:))を30秒にしているが、これは環境に合わせて適切な値を模索してもらいたい。
※事前にGitlabにはユーザの鍵設定をしておくこと。プロジェクトの鍵だとPUTできないので注意。

●/opt/oxidized/.config/oxidized/config

---
username: oxidized
password: oxidized
model: junos
interval: 30
use_syslog: false
log: "/opt/oxidized/.config/oxidized/logs/oxidized.log"
debug: true
threads: 30
timeout: 20
retries: 3
prompt: !ruby/regexp /^([\w.@-]+[#>]\s?)$/
rest: Webインターフェイス用IPアドレスorホスト名:8888
vars: {}
groups: {}
input:
  default: ssh, telnet
  debug: false
  ssh:
    secure: false
output:
  default: git
  git:
    user: blacknon
    email: blacknon@XXX.com
    single_repo: true
    repo: /opt/oxidized/git/oxidized.git
hooks:
  push_to_remote:
    type: githubrepo
    events: [post_store]
    remote_repo: "git@GitLabサーバのIPアドレス:blacknon/NetworkConfiguration.git"
    publickey: /opt/oxidized/.ssh/id_rsa.pub
    privatekey: /opt/oxidized/.ssh/id_rsa
source:
  default: csv
  csv:
    file: "/opt/oxidized/router.db"
    delimiter: !ruby/regexp /:/
    map:
      name: 0
      model: 1
      username: 2
      password: 3
    vars_map:
      enable: 4
model_map:
  cisco: ios
  juniper: junos
  F5: tmos
  fortigate: fortios
  screenos: screenos
  vyos: vyatta

 

これで設定ファイルはOK。
次に、コンフィグを持ってくるノードのリストを作成する。
今回は、sourceのvar_mapでenableパスワードがある場合のみ、5列目に記述するように指定している。

●/opt/oxidized/router.db

対象ホスト名:ios:ユーザ名:パスワード:Enableパスワード
対象ホスト名:vyatta:ユーザ名:パスワード:Enableパスワード

 

設定ファイルを無事作成したら、最後に「oxidized」コマンドでプロセスを起動する。
(できれば、起動スクリプトを作ってやったほうがいいだろう)

oxidized
[oxidized@BS-PUB-CENT7-01 ~]$ oxidized
Puma 2.16.0 starting...
* Min threads: 0, max threads: 16
* Environment: development
* Listening on tcp://172.20.100.118:8888

 

起動したWeb管理画面がこちら。
今回はVyOSと手元にあったCatalystに対して実行している。

20161015_180608000000

 

最新のコンフィグの内容は各ノードの右端列の一番左のボタンで見れる。

20161015_180817000000

 

差分についてもdiffで確認することが可能だ。

20161015_180934000000

 

今回はHookでGitlabにもデータを連携しているので、そちらでも確認ができる。

20161015_181220000000

 

GitlabではなくGithubにもデータを連携できるし、インターバルに指定した間隔で自動的にコンフィグを確認、差分があったらちゃんと管理してGitlabやGithubに連携してくれるのでかなり便利だ。
対応しているNW機器が多いのも良い(個人的にVyattaとかpfSenseが対応しているのがポイント高い)。

家の環境のコンフィグバックアップにはこれを使おうかな。

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。