仮想マシン(CentOS 7)でディスク拡張を行ったときのLVM拡張対応(PV領域の拡張)
Pocket

仮想マシン(今回の場合CentOS 7)でディスクの拡張を行った際、特にISOブートとかさせることもなくLVM領域の拡張を行う必要があったので、備忘として残しておく。
(特に目新しいことをしたわけではなく、普通にやることやっただけなのだけど…よく忘れるので)

1.ディスクの拡張

まず、対象の仮想マシンのディスクを拡張する。ここについては各仮想基盤ごとに違うと思う。
ちなみに個人的にProxmoxVEを使っているので、対象の仮想マシンを選択して[ハードウェア]タブを開き、対象のハードディスクを選択して[Resize Disk]、ディスクに追加する容量を入力するだけだ。

20160927_070552000000

 

ディスクの拡張後、一度OSを再起動させる。

Sponsored Links

2.パーティションの拡張

次に、fdiskを使ってパーティションの拡張を行う。
やってることは簡単で、一度既存のパーティションを削除し、その次に各パーティションを作り直しさせているだけだ。

[root@BS-PUB-WEBTOOL-TEST01 ~]# df -h
ファイルシス            サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/mapper/centos-root    36G  1.4G   35G    4% /
devtmpfs                  1.9G     0  1.9G    0% /dev
tmpfs                     1.9G     0  1.9G    0% /dev/shm
tmpfs                     1.9G  8.4M  1.9G    1% /run
tmpfs                     1.9G     0  1.9G    0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1                 497M  167M  330M   34% /boot
tmpfs                     380M     0  380M    0% /run/user/0
[root@BS-PUB-WEBTOOL-TEST01 ~]# fdisk /dev/sda
Welcome to fdisk (util-linux 2.23.2).

Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.


コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 64.4 GB, 64424509440 bytes, 125829120 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
Disk label type: dos
ディスク識別子: 0x000cf688

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *        2048     1026047      512000   83  Linux
/dev/sda2         1026048    83886079    41430016   8e  Linux LVM

コマンド (m でヘルプ): d
パーティション番号 (1,2, default 2): 2
Partition 2 is deleted

コマンド (m でヘルプ): n
Partition type:
   p   primary (1 primary, 0 extended, 3 free)
   e   extended
Select (default p): p
パーティション番号 (2-4, default 2):
最初 sector (1026048-125829119, 初期値 1026048):
初期値 1026048 を使います
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (1026048-125829119, 初期値 125829119):
初期値 125829119 を使います
Partition 2 of type Linux and of size 59.5 GiB is set

コマンド (m でヘルプ): w
パーティションテーブルは変更されました!

ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。

WARNING: Re-reading the partition table failed with error 16: デバイスもしくはリソースがビジー 状態です.
The kernel still uses the old table. The new table will be used at
the next reboot or after you run partprobe(8) or kpartx(8)
ディスクを同期しています。

 

これで、パーティションの変更処理が行えた。
といっても現時点ではマウントしている領域なので、一度再起動してから反映されることになる。
OSを再起動しよう。

 

3.LVM領域の拡張をする

再起動完了後、LVM領域の拡張をさせる。
まず、pvresizeコマンドでPhysical volumeの領域を変更する。

pvresize /dev/sda2
[root@BS-PUB-WEBTOOL-TEST01 ~]# pvresize /dev/sda2
  Physical volume "/dev/sda2" changed
  1 physical volume(s) resized / 0 physical volume(s) not resized

 

今回の場合、Phycial Volumeをそのまま拡張したので、Volume Groupもそのまま拡張されている。
続いて、以下のコマンドで拡張されたVolume Groupの領域をすべてLogical Volumeに割り当てる。

lvextend -l +100%FREE /dev/centos/root
[root@BS-PUB-WEBTOOL-TEST01 ~]# lvextend -l +100%FREE /dev/centos/root
  Size of logical volume centos/root changed from 35.59 GiB (9111 extents) to 55.63 GiB (14242 extents).
  Logical volume root successfully resized.

 

最後に、ファイルシステムのリサイズをさせる。
CentOS 7の場合、「resize2fs」ではなく「xfs_growfs」を使う。

xfs_growfs /dev/centos/root
[root@BS-PUB-WEBTOOL-TEST01 ~]# # resize2fsだと以下のようなエラーがでる
[root@BS-PUB-WEBTOOL-TEST01 ~]# resize2fs /dev/centos/root
resize2fs 1.42.9 (28-Dec-2013)
resize2fs: Bad magic number in super-block while trying to open /dev/centos/root
Couldn't find valid filesystem superblock.
[root@BS-PUB-WEBTOOL-TEST01 ~]#
[root@BS-PUB-WEBTOOL-TEST01 ~]# xfs_growfs /dev/centos/root
meta-data=/dev/mapper/centos-root isize=256    agcount=4, agsize=2332416 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=0        finobt=0
data     =                       bsize=4096   blocks=9329664, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=0
log      =internal               bsize=4096   blocks=4555, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
data blocks changed from 9329664 to 14583808
[root@BS-PUB-WEBTOOL-TEST01 ~]# df -h
ファイルシス            サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/mapper/centos-root    56G  1.4G   55G    3% /
devtmpfs                  1.9G     0  1.9G    0% /dev
tmpfs                     1.9G     0  1.9G    0% /dev/shm
tmpfs                     1.9G  8.3M  1.9G    1% /run
tmpfs                     1.9G     0  1.9G    0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1                 497M  167M  330M   34% /boot
tmpfs                     380M     0  380M    0% /run/user/0

 

これで処理は完了。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。