CentOS 7にWebベースのオープンソース請求情報管理システム『Simple Invoices』をインストールする
Pocket

別件の調べものをしていたところ、Webベースのオープンソース請求情報管理システム『Simple Invoices』なるものを見かけた。
請求管理システムというと商用ではいろいろとあると思うのだが、オープンソースのものもあるのかと。
まぁ、日本と海外だと商習慣とか税金とか色々と違いがあるのでそのまま使えるかどうかはわからないけど、とりあえずインストールしてどんなもんかだけ触ってみることにする。なお、今回は検証なので、事前にFirewalldおよびSELinuxは停止住みとする。
(最後に更新されたのが2013年なのだが、大丈夫かな…?)

1.前提となるパッケージのインストール

まず、『Simple Invoices』を動作するにはLAMP環境が必要となるので、導入を行う。
LAMPの導入についてはこちらを参照のこと。念のため、ここでもコマンドを記述しておく。

まず、以下のコマンドでパッケージのインストールを行う。

yum update -y
yum install -y httpd php php-pdo php-common php-mysql mariadb mariadb-server
systemctl start httpd mariadb
systemctl enable httpd mariadb

 

インストール後、「mysql_secure_installation」を行いパスワード等を設定しておく。
設定後、以下のコマンドで『Simple Invoices』で用いるデーターベースの作成をしておく。パスワードは環境に合わせて適当に。

mysql -u root -p -e '
CREATE DATABASE simpleinvoices;
CREATE USER "siuser"@"localhost" IDENTIFIED BY "P@ssw0rd";
GRANT ALL PRIVILEGES ON `simpleinvoices`.* TO "siuser"@"localhost";
FLUSH PRIVILEGES;
exit'

 

とりあえず、これで下準備は完了。

 

2.『Simple Invoices』のインストール

以下のコマンドで『Simple Invoices』をダウンロードしてくる。

yum install -y wget unzip
wget https://bitbucket.org/simpleinvoices/simpleinvoices/downloads/simpleinvoices.2011.1.zip
unzip simpleinvoices.2011.1.zip -d /var/www/html/

 

zipをダウンロードして展開したら、設定ファイルを環境に合わせて編集する。

●/var/www/html/simpleinvoices/config/config.ini

database.params.host                            = localhost
database.params.username                        = siuser
database.params.password                        = P@ssw0rd
database.params.dbname                          = simpleinvoices
Sponsored Links

以下のコマンドを実行し、設定ファイルの作成等を行う。

chown -R apache. /var/www/html/simpleinvoices/
echo 'IncludeOptional vhosts.d/*.conf' > /etc/httpd/conf.d/vhosts.conf
mkdir -p /etc/httpd/vhosts.d/
cat <<'EOF' > /etc/httpd/vhosts.d/simpleinvoices.conf
<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "/var/www/html/simpleinvoices/"
    ErrorLog "/var/log/httpd/yourdomain.com-error_log"
    CustomLog "/var/log/httpd/yourdomain.com-access_log" combined

    <Directory "/var/www/html/simpleinvoices/">
        DirectoryIndex index.html index.php
        Options FollowSymLinks
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>
</VirtualHost>
EOF
systemctl restart httpd

 

これで、コンソールからの操作は完了。
ブラウザからアクセスし、表示されるインストール画面で「Install Database」ボタンを押下し、インストールを進めていく。
今回はお試しなので、サンプルデータをインポートしてみる。

 

20161123_203618000000

20161123_203846000000

20161123_203908000000

 

これでインストールは完了。

 

3.サンプルデータを触ってみる

以下、サンプルデータを触った際の画面を掲載。
実際に利用できるかどうかは、検証環境などにインストールして触ってみたほうがいいだろう。

20161123_213710000000

20161123_213718000000

20161123_213736000000

20161123_213743000000

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。