DHCPスヌーピングを行いクライアントにDHCP接続を強制させる(固定IPでの通信を行わせない)
Pocket

今触っている環境ではクライアントの接続するネットワークではDHCPサーバを動かしているのだが、ふとクライアントの固定IPの設定を許可しない方法(DHCPを強制する方法)が何かないかと思っていたところ、職場のチームリーダーからDHCPスヌーピングを利用するとよいとのアドバイスを受けた。
DHCPスヌーピングとはなんぞ?という点については、以下のページが参考になる。

 

上記ページを見てもらえればわかるが、クライアントが接続するスイッチやアクセスポイントで実装するための機能になる。
そのため、それらの機器が対応してなければ設定できないので注意。

今回は、いくつかのNW機器でこの設定を行うための手順のリンクを紹介する(手元に設定できる機種がなかったという…安物ばっかなので)。
なお、調べたところ残念ながらVyatta(VyOS)ではこの辺の設定ができないようだ。APとしてVyOSなどを使っている場合は注意。

 

1.NetGear製品での設定

安いスマートスイッチだと設定できないようだが、相応の機器であればこちらを参考に設定ができるようだ。
残念ながら、手元のスイッチ(GS108T)では設定項目がなかった。

Sponsored Links

2.Cisco製品での設定

こちらの手順の通りに設定をするとよいだろう。

 

3.Alaxala製品での設定

Alaxala製品については、こちらに手順がある。

 

どのメーカーの製品でもそうだが、安いスイッチだと機能が付いてない場合が多いので、事前に対応しているかどうかを確認するとよいだろう。

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。